2006年10月02日

X-MEN ファイナルディシジョン

ec333320.JPG映画の日なので見てきました、ファイナルディシジョン。例によって結論から言うとなかなか面白かった。

見ていて、「あれ?えーーーーと、あれはファンタスティック4の話だったっけ?」みたいなことが数回あったけれど。

主人公のウルヴァリンはちょっとかげが薄かったけど・・・・あと、主要なキャラがはじめの方であっさり死んじゃったりしたけど・・・・うん、でも、「こんなシーンを見てみたかった」という要望はしっかり満たしてくれました。個人的に感心したのはアルカトラズへの渡り方かな。なるほど、こうやって行くのか、みたいな。

で、ラストのエンドロールのあとの「モイラ」「チャールズ」は、やっぱあれですかね?意識だけ飛んだ?

評価は☆2つです。映画の日なので十分満足。


この記事へのトラックバックURL