2006年11月21日

■SNSで情報をオープンにして、風通しのよい職場に

社内で活用する際のSNSの最大の特長は、風通しのよい社内環境をつくることができる点です。

僕の会社では、社内の情報は基本的にSNSに載せています。進行中のプロジェクト、計画中の新規案件、耳寄りの連絡事項などのスレッドを立てていて、進捗があれば社員が書き込みます。株主情報などの一部の例外を除いて、正社員もアルバイトも、ほとんどすべての情報にアクセスできます。
 
社内情報をSNSに載せるメリットは、情報をオープンにして、職場の風通しをよくすることにあります。社内の誰が、どんな仕事をしていて、どんな状況にあるのか。今どんな新しい企画が進んでいるのか。どんなアイデアが出されているのか。正社員・非正社員問わず、社内のいろいろな情報にアクセスできることで、一体感やモチベーションを高めることができます。
 
ただし、アクセス不可の情報が多ければ逆効果です。また、都合の悪い情報はSNSに載せないなども、かえって不信感を招くことになります。SNSで情報をオープンにするということは、企業の姿勢そのものをガラス張りにするということでもあるのです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50285135