2006年12月03日

007/カジノ・ロワイヤル

f3cd3bf6.jpg久しぶりに観た007。なんで最近007を観ていなかったかって、それはやっぱりマンネリ化しちゃったからだと思う。ピアース・ブロスナンとかも決して悪くないと思うんだけど、どうも最近はなぁ、という感じだった。

ところが、今回の007は予告編を観ても、「え?誰がボンドなの?え?ダニエル・クレイグ?」みたいな感じで、かなりの変化球だった。おかげで、「どれ、ちょっと観てみようかなぁ」という気になった次第。

で、結論から言いますと、面白かったです。満足。007はまだ板についてない感じだけど、体を張ったアクション、カーチェイス、その他もろもろ、そつなく見せてくれる。で、ボンドよりも良かったのはヒロイン、ヴェスパー・リンド役のエヴァ・グリーンだよなぁ。イイっ!

ストーリーは本来最大の見せ場になるはずのカジノシーンよりも、他の場面の方が楽しめちゃったりするのだけれど、まぁ、ご愛嬌。というか、昔に比べて色々できるようになってしまった今、カードシーンをメインディッシュにするのはちょっと無理があるよね。仕方なし。

「これで、話はどうやって収拾をつけるの?」と心配になったけど、ちゃんと最後にはふろしきをたたんでくれます。「解せないなぁ」という部分も少なく、最初から最後まで一気に見せてくれるのはさすが。評価は☆2つ半、と言いたいところですが、エヴァ・グリーンで☆半分プラス、合計で☆3つです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50289464
この記事へのコメント
う〜ん、Casino Royale、たしか前作は私が成人式のころだったような! 今回もアストンマーティンDB5/DBSが登場するのは嬉しい限りです。一度は乗ってみたいあこがれの車なんですよ。Eva Green、Kingdom of Haevenのエキゾチックな雰囲気とがらっと変わって、魅力的ですね。
Posted by 石神達三 at 2006年12月05日 01:34