2006年12月16日

伊藤

e62d6bdb.JPG名称:伊藤
種類:東京西部
場所:王子
評価:6/ABB
2006.12.16
コメント:無化調、和風だし、少ないメニューとラヲタが求める三拍子が揃った、典型的ラヲタ向けラーメン。メニューは「そば」と「肉そば」の二つだけで、今日食べたのは肉そば。

スープはトンコツをベースにして強めに魚系のダシを効かせたもの。味の面では魚が前面に出ているが、きちんと処理されているみたいで生臭さなどは気にならない。無化調独特の旨味の少ないスープで、もうちょっと鶏の割合を高めに設定してくれればなぁと思うのだけれど、ま、悪くはない。

麺はやや細めのストレート。しっかりとした腰があり、スープの絡みも良好。こちらはかなりの良品だが、スープがそれを支えられないので良さが際立たない。その点がかなり惜しまれる。

肉そばを頼むとゴロッとした煮豚が出てくる。こちらも肉質は悪くないし、薄味のスープにはほとんど味付けのない煮豚もバランス的に悪くない。が、あまりにも直球の煮豚なので、「凄い美味しい」というわけでもない。一方でこの煮豚がないとそばはそばで全くひねりのないものになってしまうので、注文はやはり肉そばがお薦めだと思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50294935