2006年12月26日

高田屋

c1efc162.JPG倉敷の駅から20分ぐらいだろうか。美観地区に行く途中で見かけて、雰囲気が良かったので暗くなってから立ち寄ってみた。

食べたものはちそ巻き、とりたれ焼き、とりだんご、とりなんこつ、砂ずり、小肉たれ焼き、ササミ塩焼き、牛バラ塩焼き、アスパラ巻き、元気の出る串(ニンニクの芽)、シシトウ、枝豆、湯豆腐といったところ。これに焼酎を2杯飲んでお値段は3000円以下と、嬉しい限り。

では味の方はどうか、というと、美味しかったのは塩系の焼き物。一方でタレ系の焼き物はどれも今一歩と言う感じ。

トータルでみると決して悪くないし、美味しいものもあったと思うのだけれど、どうしても新橋や銀座の焼き鳥屋さんと比較してしまう。で、比較すると東京のお店の方が美味しいと思う。やっぱ、焼き鳥は東京なのかなぁ。味だけのことを言えば、少なくとも倉敷に行くならわざわざこのお店で食べなくても良いと思う。もちろん、雰囲気その他、ここでしか感じられないものはあるので、そちらを目的に行くというのはアリです。

食べログにたくさん写真を載せたので、興味のある人はこちらへどうぞ。
食べログ「高田屋」

この記事へのトラックバックURL