2006年12月30日

お茶の水大勝軒

f8e41ac3.JPG名称:お茶の水大勝軒
種類:大勝軒系
場所:お茶の水
評価:6/ABB
2006.12.29
コメント:麺は太目のうどんライク。茹でている時間がそれほど長いという印象はないのだけれど、意外と早く出てくるのがちょっと不思議。やや柔らかめだが腰はしっかりしていて、スープの絡みも悪くない。個人的にはそれほど好みのタイプではないが、こういう提案があっても悪くはないと思う。

スープはトンコツベースで魚をそこそこに効かせた東京西部タイプだが、さすがにこれだけたくさんのお店があれば「大勝軒系」と言っても良いだろう。スープの味自体はそれほど悪くないのだが、残念なのはスープがかなりぬるいこと。どうしてもうちょっと熱いスープで出さないのかな、麺も太くてしっかりしているのにな、と思う。

チャーシューは普通に美味しい。まぁ、及第点といったところ。

最近あちらこちらで見かける東池袋系のお店の中ではかなりまともな部類だと思う。が、比較の対象が江戸川橋大勝軒とか、朝霞大勝軒とかなので、「凄い美味しい」というわけではない。このあたり、いつの間にかラーメン激戦区になりつつあるのだけれど、その中で生き残っていけるかどうかは微妙なところ。「大勝軒」の看板だけではすぐに飽きられてしまうと思う。ちなみに今日は20時ごろに行ったけれど、行列はなし。店内は常時5、6席の空席があるという状況でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50299516
この記事へのコメント
こんにちは!
確か、お茶の水の店主は江戸川橋大勝軒での
修行経験があったはずです。
失礼しました。
Posted by しらす at 2007年01月06日 14:57