2007年04月16日

将棋界の今後 その2「これまでの将棋界」

さて、ここでちょっとそもそも論ではあるのだが、PCソフト登場以前の将棋界がどんなところだったのかを振り返ってみる。将棋は人間同士がしのぎを削る勝負の場として江戸時代から日本中で指され続けていたようだ。殿様の娯楽という面もあったようだし、庶民の余暇としての楽しまれていたことももちろんあったのだと思う。将棋の名人が実力制になってからも、多くの名勝負、名局が生まれ、今でも「銀が泣いている」などの名セリフがときどき会話にのぼることがある。

トップ棋士達の人間臭さも見る側の楽しみの一つとなっていたし、彼らの勝負師としてのスタンスも評価される側面があった。例えば「陣屋事件」などは将棋ファンではなくても聞いたことがあるかもしれない。少なからず、勝負師としての破天荒な生き方を評価する向きもあり、やや浮世離れした面もあったようである。

ここ10年ぐらいでも空港での暴力沙汰や女性関係のスキャンダルなどが新聞や週刊誌に掲載されたことがあったが、「勝負の世界のことだから」ということなのか、当事者達は今も普通に将棋界で活躍している。芸能界もこの手のことには甘い世界のようだが、将棋界も世間の常識は通用しないのかもしれない。良し悪しは別として、普通の社会だったらどうなんだろうなぁ、というのが正直なところである。

日本将棋連盟は設立されてから現在まで、その運営は棋士が自らの手で行っているようだ。昔は違ったのかも知れないが、現在は勝負師が引退、あるいはそれに準ずる立場になった時点で管理側へまわり、連盟の運営にあたっていることが多い。もちろんそういった人たちはあくまでも勝負師(あるいは元勝負師)であるから、必ずしも運営の適性があるわけではない。そういう制度でこれまでやってきたから、これからもそういう制度でやっていく、というだけのことで、「そういうやり方が客観的に観て望ましい」ということではない。

2

コンピュータ対竜王
これまでの将棋界←今ココ
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

この記事へのトラックバックURL