2007年04月16日

将棋界の今後 その4「ソフト優位後の将棋界」

さて、では、これからの将棋界がどうなっていくのかを考えてみよう。

今の将棋界はパソコンソフトの登場でその基盤が非常に軟弱化している。単純に将棋の強さを比較すれば、その序列は大体

一般アマチュア≦ソフト≒(あるいは≦?)女流、ハイアマ≦プロ棋士

という感じだと思う。これまで人間だけで評価されていた順位が、ソフトによって客観的に二分されてきている。実際に対局しなければ一般の人には不可能だった棋士の強さの評価が、今ではソフトより強いか、ソフトより弱いかで可能になってしまった。ソフトによって基準点が設置されてしまったのである。そして、その基準点は日々変動している。それも、強くなる一方向にのみ移動している。遠くない将来、

女流≦プロ棋士<ソフト

という世界がやってくるはずだ。その変換点はいつになるのか。5年後かも知れないし、10年後かも知れないが、数年の均衡時代を経た後、ソフトは常に人間よりも強い存在として君臨することになるだろう。仮に現在の棋戦にソフトが参戦可能となれば、タイトルホルダーがほとんどソフトという時代へ移るかもしれない。名人戦がボナンザ対激指であってもなんら不思議はないのである。その時代が来てしまったら、トップの棋譜はソフト対ソフトで構築されることになる。ソフト同士の対決はともかく、人間同士や人間対ソフトの対局は解説もソフトで可能な時代が到来する。トップ同士、すなわちソフト同士の対決の解説を行うのはコンピュータ技術者となり、「ここのアルゴリズムには改善の余地がありますね」などと会話をすることになるかも知れない。

その時点においては女流棋士とプロ棋士の立ち位置は「ソフトよりも弱い」という点で同等になる。以前は存在しなかったソフトの登場によってそれまで一つだった将棋界は二分されつつあり、そして遠くない将来、その将棋界は「ソフトよりも弱い」という点で再び統合される。ちょっと考えると元の世界に戻ったように見えるが、実際はそうではない。以前は混沌の中の一つの世界だったが、先の世界はソフトによって明快に順位付けされた秩序ある世界である。

4

コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界←今ココ
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

この記事へのトラックバックURL