2007年04月16日

将棋界の今後 その6「プロ棋士の価値」

さて、今のプロ棋士はこうした「その後の世界」にどの程度の危機感を持っているのだろう。僕はプロ棋士に知り合いがいないので、こういった話をプロ棋士としたことは全くない。彼らがどういうスタンスにいるのかはさっぱり分からないのだが、第三者の立ち位置をキープできるからこそ分析できることもあると思う。ここで大雑把にその後の世界におけるプロ棋士の価値について考えてみる。

まず、ソフトより弱い棋士が作る棋譜に価値があるのか、ということ。上に述べた「芸術性」という部分を考慮すれば価値がないとは言えない。8五飛車戦法にしろ、ゴキゲン中飛車にしろ、一番最初にそれを採用したのは真のトッププロではない。トップからやや落ちるぐらいの位置にいる棋士がまず採用し、そしてその棋譜を目にしたトッププロ達が「これは面白そうだ」と採用することによって一般化してきている。もっと言ってしまえば、プロ棋士である必要もないかもしれない。現在将棋倶楽部24で山ほど指されている将棋の中に「面白い」ものが存在している可能性もある。必要なのは新しい戦法を生み出すことではなく、多々ある戦法の中から「面白い」と感じる戦法を見つけてくる感性である。したがって、作る棋譜に価値があるかどうかは置いておくとして、面白いものを見つけてくる感性がある棋士の存在価値は、「その後の世界」においても間違いなくあると思う。

続いて、普及の面から棋士の価値を考えてみる。面白い戦法はいつでもどこにでも転がっているものではない。発明というよりは発見の色彩が濃いので、場合によっては何年も発見の対象となる棋譜が発生しないことも考えられる。この場合、次に要求されるのは普及活動である。逆に言えば、「たまたま発見するかもしれない」ことよりも、日常的に活動できる「普及」にこそ価値が出てくるのかもしれない。したがって、普及ができない棋士の存在価値はこれからどんどん下がってくると考えられる。

面白いものを見つけてくる感性にしても、普及にしても、コンピュータよりも人間が得意な分野である。面白いものを見つける、あたりはその思考過程を上手にプログラム化してしまえばコンピュータにもできることになりそうだが、この部分はまだちょっと時間がかかりそうである。プロ棋士の価値をどこに見出すのかを考える場合、「その後の世界」においては人間主体的に「どこに価値があるのか」を考えるのではなく、「コンピュータは何ができないのか」を考えて、それに対応していかなくてはならない。それがきちんとできれば、その後もきちんとした価値を生産していくことができるはずだ。

何はともあれ、「強いことが正義だ」で通してきたプロの将棋界は、自らの立ち位置を再設定するする必要に迫られる。一番強いのがソフトになってしまったら、価値を別のところに見出さない限り、自己を否定してしまうことになる。

6

コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値←今ココ
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
人間より高く跳ぶ機械、速く走る機械、重いものを持ち上げる機械等々、世の中にはいくらでも人間の能力を超える機械はパソコンに限らず存在する。だからと言って、誰が機械より劣るトップアスリートの存在価値を否定するだろうか。比較対象は常に人間対人間であって、性差(科学的、客観的な優劣が証明されていない以上)でも、機械でもない。
Posted by 馬より速く走る人 at 2007年05月07日 21:27