2007年04月16日

将棋界の今後 その7「パラダイムシフト」

現在の日本、特にエンターテイメントの部分では、大きな地殻変動のようなものが起きている。具体的には、これまで勝ち組と思われていたコンテンツがその魅力をどんどん落としてきていて、多種多様なコンテンツに興味の対象が広く浅く拡大しつつある。例えば漫画喫茶とか、ネットカフェといったところで時間を潰すというライフスタイルは10年前には全く見られなかったし、ケータイでゲームをしたりネットサーフをしたりする人たちもいなかった。ところが、こういう人たちは現在何の違和感もなく普通に存在する。人間一人が持っている時間は平等に1日24時間で、余暇に費やすことができる時間はそれ程大きく変化するわけではないから、当然ながら既存のエンターテイメントコンテンツに費やす時間は失われる。一昨年ぐらいまでは普通に全試合放映されていた読売の試合がブラウン管(という言葉もそろそろ死語になりつつあるのかもしれないが)から消えつつあるのがその例である。当然のことながら、将棋に費やす時間もどんどん減ってきていることが予想されるし、その傾向はこれからも変わらないだろう。そして、ソフトの登場によってゲームの質が変わりつつあるのが将棋界である。

言い切ってしまってはその場にいる方々に申し訳ないが、ほとんどプラス要素が見当たらない。「趣味の多様化」と「強いソフト」の登場というダブルパンチによって、将棋界というのが抜け出ることが非常に困難な斜陽産業になったという点を事実として認識する必要がある。

こうした逆風の中で、先に取り上げた女流問題が顕在化したのはいわば必然であるとも言える。

その危機感を明確に理解しているのか、あるいは見えざる脅威としてなんとなく肌で感じているのか、そのあたりは推測すらできないのだが、そこで飯を食べている以上は環境が悪くなってきていることは認識しているはずである。そうした中で自らの既得権益を守ろうとするのは意識的にしろ、無意識にしろ、自己防衛本能として当たり前だし、また、そのしわ寄せが立場的に弱いところに向かっても何の不思議もない。今まで平穏無事でやってきた女流将棋界がここに来て分裂という事態になった背景には、こうしたパラダイムシフトがあるのだと思う。

今、女流独立派の女流棋士たちは当初よりもかなりの向かい風のようである。しかし、環境は悪いとしても、実は彼女達にとっては賢明な判断だったとも考えられる。「その2」「その3」でも触れたが、今の日本将棋連盟で運営の中心にいるのは、かつて活躍した棋士達である。当然のことながらその感覚は古いし、また、危機感も正確に持っていない可能性が高い。なぜかと言えば、船が沈没しようとも、その時には自分はすでに船から退場しているかもしれないからだ。もちろん将棋界に対しての愛着はあるだろうし、その発展に向けて努力したいとは思っているのだろうが、「棋士は強いのが一番」という感覚はなかなか捨てられないに違いない。残念ながら、その感覚はすでに時代遅れになりつつあるわけで、そういった古い世代と決別するには、ちょうど良いタイミングだったのかもしれない。

しかし、決別というのはそれなりにストレスのあるものだ。今までのしがらみも当然ある。また、誰もがそういう環境で頑張れるわけでもない。大学卒の就職希望が軒並み大企業やら公務員やらというのがこの国の実情であって、ベンチャーで頑張ってみようと考える人間がマイノリティであるのと同様、新しい団体を作って頑張ろうとする人間がマイノリティで、古い体質の日本将棋連盟の中に引き続き籍を置きたいと考える人の方がマジョリティであっても全然不思議ではない。だから、結果的には女流棋士が分裂してしまったのも必然だったのかも知れない。分裂した女流棋士の方々はそれぞれのフィールドでこれからも頑張っていただきたいのだが、特に新団体を設立する独立派の皆さんには頑張っていただきたいと思う。

今後は日本将棋連盟にも、女流新団体にも、「その後の世界」の正確な展望と、それに適応した微妙なハンドリングが要求されるはずである。繰り返しになるが、人間よりもコンピュータが強くなった時代の将棋像の予想、把握こそが肝要となると思う。

7

コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト←今ココ
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

この記事へのトラックバックURL