2007年05月08日

天下一品飯田橋店

31d8e5aa.JPG名称:天下一品飯田橋店
種類:京都
場所:飯田橋
評価:2/CAC
2007.5.8
コメント:なんで今更天一、と言われそうですが、まぁ天一池尻店は僕の原体験に近いラーメンでもあり・・・・というのは嘘で、友達に別の炉端焼きの店を紹介してもらい、神楽坂上から歩いて下りてきたものの、途中で目印の店を見落としてしまい、あえなく神楽坂の下まで来てしまったのですね。で、また引き返すのもいかがなものかと思い、ついつい目の前にあった天一に入ってしまったのです。

以下、評価。

麺はやや細目の角が立ったもの。あんまりないタイプのもので、天一独特の食感が楽しめる。が、麺が茹で過ぎ。これじゃぁ折角の麺も台無しである。

スープは鶏を煮込んだ超コッテリタイプ。天一はセントラルキッチンの店なので、普通に考えるとスープにはむらがあまりないはずなのだけれど、実際は結構差があったりする。駄目なところは本当に駄目で、かつてラーメンMLでは「スープを薄めて、原料費を浮かせているんじゃないか」という噂があったくらい。実際「これは薄めてるよな」と感じる店も少なくないのだけれど、この店のスープはしっかりしていた。おそらくマニュアルどおりに作っているんだと思う。

チャーシューは非常にまずい肉が二枚入っていた。こんなものをわざわざ食べる人の気が知れない。もちろんほとんど残した。

あーーー、炉端焼きを見落としたのは痛恨。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50337681