2007年06月06日

あおい

81e263d9.JPG一本気がもうすぐ開店なので、様子を見に行ってきた。残念ながらまだオープンしていなかったので、すぐそばにあった「あおい」という店で一杯食べてみた。以下、評価。

名称:あおい
種類:東京西部
場所:みずほ台
評価:3/BBC
2007.6.6
コメント:麺は細目で弱めに縮れたもの。特に特徴と言ったものはないが、決して悪いものではない。これでもうちょっとコシがあれば、と思うが、あの感じだとあれ以上はちょっと無理かもしれない。

スープはトリガラトンコツブレンドの醤油味で和風ダシが強め。というか、ベースのスープが弱すぎてまるで鰹節のスープを飲んでいるみたい。いくらなんでもこれじゃぁ駄目でしょう。ラーメンヲタクが頑張って作ってみました、みたいな感じなんだけど、基本を大きく外しちゃっている。苦くないのがせめてもの救いという感じなんだけど、ほんと、一口飲んで「あれれ、ベースはお湯?」って感じだった。

一番どうしようもないのが炙りチャーシュー。炙って風味を良くしようということなんだろうけど、豚肉が粗悪品。これじゃぁ炙ろうが何しようが美味しいものができるわけがない。

なんか、色々工夫のあとは見られるんだけど、どれもこれも空回り。もうちょっと修行を積んでから開店した方が良かったんじゃないだろうか。でもまぁ、すぐ近所に一本気ができてくれるので、そこそこ繁盛するんじゃないだろうか。

この記事へのトラックバックURL