2007年06月11日

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

68029f84.JPGはいはい、観て来ました、ワールド・エンド。

Pirates of the Caribbeanのtheはどこへ行ったんだ、こういう変な表記をするから日本人がいつまで経っても英語できねーんじゃねぇか?とか思うけれどもまぁそれはおいておいて、At World's Endのatと'sはどこへ、って、まぁいっか。「世界の果てで」みたいな感じですか?そういやぁファントム・メナスもラーメンMLで「邦題は見えざる脅威ぐらいが良いと思う」って書いたらいつの間にかそれになっていたね。どうでも良いけど。

さて、先日慌てて1と2を復習(というか、学習)して、それで観て来た三部作の第三作。とにかくすげぇ長い。一体何時間やっていたんだろう。って、2時間49分かぁ。ロード・オブ・ザ・リングの三作目は長く感じなかったんだけどねぇ。って、そんな感じの映画でした。

おいおい、でかくなったカリプソは・・・・・・・・とか、あれ?バルボッサは生き返ったのに・・・・・・・・とか、納得いかないことも色々あったし、鳴り物入りで登場のサオ・フェンもまぁどうなのよ、って感じではあったけれど。でもまぁ、とりあえず大きな破綻なしに第二作で広げちゃった風呂敷を一応たたんだのかなぁ。

でもね、この映画にはキーラ・ナイトレイが出ているので、何でも良いか、みたいな。ファントム・メナスでアミダラの影武者やったところでもうすでにオッケー印なわけで、しかもどういうわけかこのワールド・エンドではジョニー・デップを押しのけてほとんど主役の扱いじゃないですか。イイっ!!!

映画だけなら☆1つだけど、トータルで☆2つ半だ!!!

何はともあれ、ナタリー・ポートマン、キーラ・ナイトレイ、エマ・ワトソンの誰かが出ていれば、それだけで☆1つ以上はアップだな(笑)。

あ、余談ですけど字幕が数箇所変だったと思います。単純な単語なのに、勝手にすげぇ意訳していたり。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50346421