2007年08月12日

ブログでバイオ 第28回「学位の価値を過大評価してないか?」

どこからも第27回のパスの受け手が現れないので、勝手にドリブルしちゃいます(笑)。

なんか、最近の博士・ポスドク余剰問題を見ていると、学位の価値を過大評価してんじゃねぇーの?って思うことが多々あります。東大出身とかと一緒で、博士なんていうのも本質的には「3年間教授の言いなりになって、単なる労働力として我慢しました」ぐらいの意味しかないわけで、だから何なの?ということです。

重要なのは、大学院で何をやって、何を身につけて、何ができるのか、ということです。僕は部下として博士取得者を何人も使ってきていますが、別に修士修了と何か変わるわけでもなく、もっと言えば大学を卒業していない人とも大きな違いはなかったりします。博士なんていう肩書きがなくても社会人として貴重な戦力になる人だってもちろんいます。っていうか、僕が知る限りではこちらの方が多いくらいです。

なぜ博士が余っているかって、それは大量生産したからですが、じゃぁ、なぜ博士を大量生産したかといえば、これは僕の勝手な推測だけど、ひとつには「労働力は沢山あったほうが便利」であり、もうひとつには「沢山博士をつくれば、その中に良い博士が含まれる可能性も高い」ってことだと思います。労働力としての博士は多いに越したことはないし(お金を払って働いてくれるんだから(^^;)、有能な博士は決して量が必要なんじゃなくて、クオリティの面での高さが要求されます。極論すれば、ノーベル賞を取ってくれるような博士が一人いれば十分、みたいなことです。ただ、母数が少なければ質の高い博士を発掘できる可能性も低くなっちゃいますから、「じゃぁ、量産しちゃえ」と。で、この作戦は別に間違ってないんじゃないかと思います。

ただ、「博士になれば将来は安泰」みたいに嘘の情報を流していたなら問題だと思います。そのあたりは僕は良くわかりません。僕たちの世代は、「博士課程なんか行ったらつぶしがきかなくなって就職で苦労する」っていうのが常識でしたが、今はどうなんでしょうか?でもまぁ、僕が卒業したあとぐらいから「博士は夢の商売」みたいな宣伝があったのかもしれませんね。

要は椅子取りゲームであって、椅子の数には限りがあるわけです。それを争う人間を増やせば、当然勝ち残るのは難しくなるわけで、博士が余るのなんて当然の話です。入口を狭めるか、出口を狭めるか、という話だから。ただ、あんまり余らせちゃうとそれはそれで社会問題化しかねないので、余った博士の受け皿としてポスドクを用意してみた、みたいなことでしょう。

でも、博士にしても、ポスドクにしても、使える奴は使えるし、使えない奴は使えない。これは社会の問題じゃなくて、本人の問題です。そもそも高校以上の勉強なんていうのは非常に個人的なもの(中学生までの勉強は、有権者として選挙に一票を投じる人間としてふさわしいだけの知識を与えるための、公的な性質が強い)で、本来人に言われてやるものではありません。じゃぁ、その勉強の目的は何なのかって、それも人それぞれだけど、根源的には「自分が生きていくために必要なことを身につけること」だと思います。その目的に沿った勉強をきちんとしたんなら、普通は食べていけるはずです。食べていけないなら、最初に設定した目的が間違っていたということで、完全に個人の問題です。で、残念ながらその設定を間違っちゃった人は、食べていくためにそれはそれで一所懸命頑張らなくちゃいけないわけで、その時には「博士」なんていう肩書きはないのと一緒です。

「やりたいことをやれる研究者になりたい」という夢はもちろんありだけど、プロ野球選手になりたくてプロになれない人が山ほどいるのと一緒で、当然リスクがあります。やりたい研究をやって食べていくためには、研究のプロとして相応の実力を身につける必要があるわけです。実力不足なら目標を諦めて、他のことをやるしかない。

うちの会社とか、うちの会社のまわりのバイオ系のベンチャーとか、優秀な人間にならいつでも門戸を開いているわけで、「いつでもどうぞ」です。でも、少なくともここ数年は学位を持った就職希望者は一人も来ていません。「博士なんだから、もっとそれにふさわしい仕事をしたい」のかもしれません。でも、「ただ博士なだけ」の人間は、社会から見れば「ただ3年間我慢しただけ」の価値しかないわけです。それは勉強が嫌いな中学生が、「でも、みんなが通っているから」って高校に3年間通うのとあんまり変わりがないです。

まずそのあたりに立ってみないと、つまり、「博士そのもの」の価値をきちんとすり合わせた上で考えてみないと、博士にしてもポスドクにしても、いつまで経っても余剰問題は解決しないんじゃないでしょうか?学位の価値を過小評価していますか?

まぁ、このあたりはリレーエッセイの第一回で取り上げたことなので、半分以上が繰り返しなのですが(^^;

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50360684
この記事へのトラックバック
 リレーエッセイというものの「作法」がわからず、ここにおけるポスドク問題の盛り上がり(?)もあり、またポスドク博士問題は決してバイオに限らないという気持ちもあって、なんとなく放置しておりましたが、せっかくブウさんが再開してくださいましたので、私がパスを受...
ブログでバイオ 第29回 「博士 と 自己責任論」【5号館のつぶやき】at 2007年08月12日 15:12
タイトルと画像は関係ありません。昨日の記事の種明かしです。よそんちの子たちでした。 ■ちんぴら一万人計画■ 昨日夢を見た。おきるとひどく汗をかいていた嫌な夢だった。 ご丁寧に夢の始まりは、岩礁に荒波が打ちつける例の映像であり、タイトルもつけられていた。見...
チンピラ一万人計画【いか@ 筑波山麓 『看猫録』】at 2007年08月12日 22:19
10年近く前からインターネット上ではグルグルと堂々巡りの議論が続いている、所謂「...
ブログでバイオ 第31回 「ポスドク問題はミクロとマクロに分けて考えるべき」【Jun Seita's Web】at 2007年08月15日 06:24
この記事へのコメント
リレーエッセイつなげてみました。TB送ったのですが、うまく送れていないかもしれません。とりあえず、ご報告まで。
http://shinka3.exblog.jp/6697908/
Posted by 5号館のつぶやき at 2007年08月12日 19:46