2007年08月19日

卒論代行

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」

おお、こんなビジネスがあるのか。笑う。

ブログでバイオ 第30回 「今の博士、これからの博士に求められるもの」」でも書いたけど、要するに日本人には「何をやったか」じゃなくて、「どこを卒業したのか」が大事だってことで、そこを逆手に取られたわけですね。

もういい加減、どこの大学を出たのかとか、どういう肩書きがあるのかとか、そういうのをリセットして考えたらどうなんだろうね。

確かに、ちょっと前は東大を出た奴は使える可能性が高かったと思うし、看板の価値もあったと思うのだけれど、最近はもう全然駄目でしょう。東大出ていようが、博士だろうが、使えない奴は沢山いるんだから。もう、可能性すら論じることはできない。大学なんかじゃなくて、例えばリバネスでトレーニングを積んでいるやつらの方が全然使える。

試しに数ヶ月、インターンシップでも、試用期間でも良いから、使ってみれば良いんだよ。そうすれば、使えるかどうかなんてすぐにわかるんだから。

大学卒業という看板の価値を破壊する意味では、この手の会社の存在意義もあるかもしれない。ただ、看板の価値がなくなったら、この手の会社は立ち行かなくなるわけで、そのあたりはウィルスとホストの関係みたいなものだね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50362204