2007年08月28日

横浜FCの高木前監督

横浜FCの高木監督が成績不振で解任された。

勝負の世界だから仕方がないとは思うが、彼の力で横浜FCはJ1に上がってくることができたはず。そして、J1で横浜FCが通用しないのは、彼の責任ではない。誰が見たって、横浜FCのメンバーでJ1をフルシーズン戦って成績を残すのは難しいとわかるはずだ。しかしまぁ、そこは勝負の世界。監督の責任じゃないと分かってはいても、解任しなくてはならないのもわかる。「泣いて馬謖を切る」というのとは若干違うような気もするのだが、とにかくお疲れ様でした、という感じである。

J2で下位に低迷していたチームをJ1に引き上げた、それだけでも高木監督の手腕は評価されるべきだと思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50364236