2007年09月21日

飲み会の話題

エコナとか組換えだっちゅーの。飼料のトウモロコシも組換えですが何か?



#以下、後日注釈
本日の飲み会は某有名シンクタンクの研究員、某省元キャリア官僚との飲み会。って、お二方はバイオ・ジャパンの帰り道、僕は東京ゲームショウの帰り道で合流して、神田で飲んでいて、そのときにでた話。まぁ、大体こんな感じかと(笑)。良く覚えてないけれど。

「花粉症に効くお米って、良いよね、本当に効くかどうかは知らないけど」
「でも、あれ、厚労省が『薬だ』っていってるらしいよ」
「馬鹿じゃないの(笑)、じゃぁ、トクホも薬にしろって」
「いや、トクホは効かないから良いんだよ」
「効かないって(^^;、それじゃぁ、トクホマークつけてるメーカーも、それを信じている生活者も浮かばれない」
「だって、効かないからトクホなんじゃん(爆)」
「そもそもさ、開放系で組換え稲の栽培なんて、日本じゃ無理でしょ」
「アレルギー強いからね。それでいて、『組換え反対』とか声高に騒いでいるやつらに限って『健康を考えて我が家はエコナ』って、爆笑もの」
「そういう奴らに限って、エコナとかが組換えだっていう知識がないものね」
「昔さー、武部さんが農水相だったとき、省内回覧で『この手のものはみんなが知らないうちに使っていた、っていうのが一番』みたいなことを発言した議事録が回ってきて、大笑いしながらアンダーライン引いて課内にまわしたけど、発言の是非はともかくとして、そういうところはあるよね。『えぇぇっ!組換えだったのぉ』みたいな。一つの真理ではあるかもしれない」
「そもそも、加工品の中に組換えが使われていても表示義務はないからね」
「はいはい、あなたもエコナですね、組換え万歳、みたいな。植物油なんて、ほとんど組換えだっちゅーの」
「多分、家畜飼料に組換えトウモロコシが使われているのもみんな知らないんだろうね。」
「で、その家畜の肉を喜んで食べてる」
「でもまぁ、米国産牛肉を食べるよりはなんぼかましですよ」
「まぁね、それはそうだけど、それを食べている人たちが『組換え稲反対』っていうのはどうかと」

参考資料(笑)
Q、エコナの原料には遺伝子組換え作物が含まれていますか?

##参考資料に突っ込んでおく(笑)


日本に輸入される場合に混ざっている可能性はあります


「可能性」って、そりゃ嘘じゃないけど(笑)。含まれてますって断言しろよ、と。 組換えの安価な原料で作っているんじゃないですか?

この記事へのトラックバックURL