2007年10月31日

展望 その2

昨日の試合前展望は自分でもかなり中日寄りの予想だと思っていたのだけれど、終わってみればそれでも足りないぐらいの大勝。特に大きいのは肩の出来上がっていないスウィーニーを引きずり出してノックアウトしたこと。思ったような投球ができなかったのは緊急登板だから当たり前だけど、おかげで第四戦はもちろん、第五戦以降も使いにくくなってしまった。もちろん、武田勝にもクエスチョンマークがついてしまったのは言うまでもない。今後の日ハムの先発のやりくりは非常に難しくなった。ダルビッシュ以外では勝てないのなら、ダルビッシュを4回登板させなくてはならない。残り4試合で3回登板はいくらなんでも無理だろう。しかし、他に中日を抑える要素が見当たらない。

現時点で第四戦の先発は吉川が第一候補だと思う。第二戦で3四球と良いところがなかったのだけれど、残念ながら他に考えられるのはベテラン金村ぐらい。グリンの中二日は厳しいし、ダルビッシュは第四戦に勝っても負けても第五戦で使いたい流れである。

対する中日の先発予想は小笠原。日本シリーズになって日ハムに打たれたヒットは2本、4本、8本と徐々に増えてきている。この3試合で中日の左投手は久本、石井しか登板していないが、二人の被安打はゼロ。右投手に慣れてきていることが考えられる。目先を変える意味でもここは一度左投手を使いたいところ。

第四戦、先発投手以外に試合のカギを握るのは、日ハムのキャッチャー。高橋はリードも良くないし、肩もイマイチ。なんでヒルマン監督が彼を使うのか良くわからないが、明日も高橋がスタメンなら、一回の裏から中日の足を使った攻撃が見られるかもしれない。

さて、昨日の試合でもうひとつ特徴的だったのは、セギノールが途中で交代したこと。セギノールは第二戦で中田から右ひざにデッドボールを受けているのだけれど、どうもこの調子が思わしくないようである。唯一のポイントゲッターであるセギノールが故障というのではしゃれにならない(そういえば読売の高橋もここ一番で欠場したけれど)。かといってセ・リーグの球場では指名打者を使うわけにも行かない。このあたりも中日に追い風である。

何にしても、調子の波が読めずに一番の不安要素だった朝倉で完勝したのは大きい。今日は小笠原できっちりと王手をかけたいところである。

#正直なところ、また札幌に行くのは大変。お金だけでも5万円以上かかっちゃうんだから(^^; 是非名古屋で胴上げを!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50434513