2007年11月26日

ボーン・アルティメイタム

a50d435b.JPG
なんか評判が良かったので、アイデンティティ、スプレマシーと自宅鑑賞してから観てきました。

なんか、あれですね、マトリックス以降、アクションシーンが本当に文字通り目にもとまらないものになってしまって、凄い疲れます(^^; あれ?僕の目、焦点が合わなくなってる?もしかして疲れてる?みたいな状況に陥ります。

内容はパート1からのパターンを踏襲していて、要は組織(CIA)対ボーンというもの。ただそれだけ。何か特別にストーリーに厚みがあるとか、そういうことは全然なくて、とにかくアクションシーンを楽しむような映画。でもまぁ、それもまたよし。それにしても、どうしてアメリカ人っていうのはこうやってカーチェイスが好きなんですかね。まぁ、それも別に良いんですけど。最近のカーチェイスはぎりぎりのところでかわしていくんじゃなくて、ドンドコドンドコぶつけちゃう。ぶつけちゃって、車は壊れるんだけど、運転している人間は全然平気、みたいな。鉄人ぞろいです。

マトリックスは仮想現実の世界での戦いだったので「これもまたあり」と思ったけれど、ボーンさんは現実世界でネオみたいに戦ってしまうので、こいつは凄い。近いうちにジェームス・ボンドとのダブルタイトルが見られるんじゃないかな。「ジェイソン対ジェームス」みたいな。おっと、ジェームス・ボンドとジェイソン・ボーン。似てますね、どうでも良いけど。

評価は☆2つ。前2作をわざわざ観てまで観にいく価値はないかな。でもまぁ、それなりに面白かったです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50453278