2007年12月16日

クラブワールドカップ ファイナル

ebcbec2f.JPGクラブワールドカップの決勝戦、見てきました。

トヨタカップというと例年ディフェンシブな、良く言えば渋い、悪く言えば詰まらない試合が相場。そしてミラン、ボカというディフェンスがしっかりしたチーム同士の対決ということで、「今日もまた0−0でPK戦かも」などとちょっと思ったのだけれど、実際は全然そんな展開にならなかった。

試合のバランスを崩したのはミランのカカ。カカがボールを持つとあっという間にボカのディフェンダーが二人、三人とつめてくる訳で、うわー、これはハードなチェックだなぁと思ったのも数分。あっという間に決定的なパスで戦局を変えてしまう。必然的に両チームの選手は激しく動くことを強要され、試合はボールが良く動く、トヨタカップらしからぬ戦いになった。

前半こそゲームのバランスは取れていたものの、やはりバロンドールを擁するミランはボカよりも数枚上、しかもリーグ戦ではほとんど活躍していないインザーギが決定的なチャンスをそつなく決めてしまうのだから、ボカとしてもだんだん手の打ちようがなくなる。

結局、インザーギ、セードルフ、カカの強力な攻撃陣がボカのディフェンスを切り刻んでしまった。途中で闘将ガットゥーゾが負傷退場してしまったのは残念だったものの、前半のハイレベルな両チームの攻防、そして後半のミランの底力はともに見所満載で、途中で勝負に対する興味は失われてしまったものの、いつになく楽しめた一戦だった。

帰り道、レッズサポが「浦和も世界三位」と話していたが、これはいくらなんでも言いすぎ。なぜなら、この大会には欧州2位、3位も、南米2位、3位も出ていないから。世界三位じゃなくて、あくまでもクラブワールドカップで三位である。

クラブワールドカップという言葉が定着してきたら、今度は欧州から3チーム、南米から3チーム、アジアから1チーム、アフリカから1チーム、北中米から1チーム、開催国枠1チームぐらいで大会をやったらどうなんだろう(本当は開催国枠なんて要らないと思うけれど、興行という面を考えると仕方がないところもある。開催国が参加すればどうしたって盛り上がるから)。今のトヨタカップで一番怖いのは、何かの間違いで決勝がアジア1位対欧州1位とかになりかねないことだ。もちろん、欧州も南米も準決勝で負けてしまえば、実質世界一決定戦は3位決定戦で実施できるわけだけど(笑)。もちろん、「何かの拍子」じゃなくて、本当に強いチームがアジアにいるならそれはそれで素晴らしい話だが、「何かの拍子」を排除するためには、一発勝負ではなくて、ある程度試合数をこなすべきだと思う。

いや、個人的には、南米王者対欧州王者の一試合っていうのがベストだとは思うんです。でも、もうそこには戻れないわけだから、それなら、もうちょっとしっかりと大会らしくすれば良いのにな、と思うわけ。

この記事へのトラックバックURL