2007年12月28日

一風堂大名本店

dd6ffecb.JPG名称:一風堂大名本店
種類:九州
場所:赤坂
評価:5/ABC
2007.12.28
コメント:今さら九州まで来て一風堂でもなかろう、という感じなんだけれど、一度はこの大名本店も食べておかなくちゃかなぁ、などと思って行ってみた。

メニューを見て何を注文しようかと思っていたら、「本店のみのかさね味」とかいうのがあったので、どれどれ、と思ってそれを注文してみた。するとお姉さんが「ランチで100円でチャーシューご飯と餃子がつきますが、いかがですか?」というのでそれを注文。

さて、程なくして出てきたラーメンはトンコツライトに分類される九州ラーメン。トンコツスープは温度が高いとこってり感が失われて、もともと味のないトンコツのスープがさらに薄味に感じられてしまうのだけれど、このスープはまさにそれ。薄いのとは違うのだけれど、お湯っぽい感じを強く受けてしまう。悪いスープだとは思わないけれど、決して良いわけでもない。長浜タイプの粗雑な感じ、投げやりな感じ(これは良い意味で、だけれど)もなく、なまじっか上品なばっかりに逆に残念な感じ。

麺は細めのストレート。麺硬めで注文したけれど、九州系としては標準的な硬さだと思う。スープの絡みは良い。

チャーシューは味付けは悪くないけれど、肉質が悪い。でもまぁ、九州系ならこんなものだろう。チャーシューをトッピングするのはお金の無駄だと思う。

ランチで出てきたご飯はまぁ、おまけだからとやかく言うのは野暮。餃子もねぇ、お金を払って食べるほどのものではない。ラスト、ご飯をスープにぶち込んで食べてみたけれど、これもイマイチ。

なんか、無駄におなかが一杯になってしまって、他のラーメンを食べられなくなってしまった。かなりもったいない。もう九州で一風堂を食べることもないだろうな。

この記事へのトラックバックURL