2007年12月28日

朝日新聞の山口宏子編集委員には大笑い

28日の朝日新聞夕刊にキルの劇評が掲載されていたわけだけれど、いわく、

初舞台の妻夫木は、前半の無邪気さと、中盤以降の勢力拡大しか考えない憑かれたような形相との対比が鮮やかでスケールが大きい


だって。

「スケールが大きい」

笑った。

この記事へのトラックバックURL