2007年12月31日

ラジオ

906080f5.JPGビックカメラに車で行ったんですが、駐車場代を安くするために何か買わなくちゃナーということになりました。まぁ別に無理して買い物する必要もないんだけど、どうせ買うものがあるなら、こういうときに買ったほうが良いわけで。

それで、何か必要なもの、なかったかな、と頭を巡らせてみて、思いついたのがラジオだったんですね。もう何年も使っているラジオが最近壊れて、片方のイヤホンから音が聞こえない。機能的にはまぁそれほど致命的ではないのだけれど、やはり折角FMがステレオなのにモノラルというか、片方からしか聞こえないのはいかがなものか、と思って、新しく買うことにしました。それで、色々探してみて「これが良いかな?」と思って買ったんですが、家に帰って見てみたら、壊れた奴と寸分違わず一緒なんです。これ、もう大分前に買った筈なんですけどね。

で、これ、どういうことかって、ラジオというものはもう全く進歩がない、と。完全に行き着くところまで行き着いてしまって、技術革新がない。こういう製品も世の中にはあるんですねぇ。

この記事へのトラックバックURL