2008年02月09日

チーム★アメリカ/ワールドポリス

チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション

世界の警察、米国を皮肉ると同時に北朝鮮とかまで返す刀でぶった切っている、周囲に敵を作りまくりそうな映画。

なぁんて書くとたいそう立派な感じがするけれど、実際は全然そんな映画じゃない。要は馬鹿映画。こんなアホらしい映画にこんなにお金をかけて、これだけ人と時間をつぎ込んで、どうするんですか?という感じでもあるのだけれど、バブルのときに道路やらビルやら色々作りまくった日本人はこれを馬鹿にすることはできませんね(笑)。

面白かったかどうかと聞かれると、正直良くわかりません。半分寝ていたから(笑)。退屈なわけじゃないんだけど、どうもネタが一つ一つ細かくて、「ぷっ。ばっかじゃないの?」みたいな感じの笑いの集合体。別に嫌いじゃないけど、この調子で2時間観るのはちょっとつらい。少なくとも、家で観ていたら、途中で眠くなるので、映画館で観ておくべきだった。

是非続編を作りたい、と製作サイドは思っているそうなので、次は映画館で観たいと思う。

この記事へのトラックバックURL