2008年02月13日

蟲師 其ノ壱、其ノ弐

蟲師 其ノ壱

蟲師 其ノ弐

なんとも良い味のあるアニメである。絵も、音楽も、脚本も、全てが良い感じでまとまっている。原作の良さをここまで上手に表現できている作品は滅多にお目にかかれるものではない。アニメとしての動きは非常に少ないのだが、必要にして最小限の動きで非常に多くの情報を伝えることに成功している。こうした「間」こそが日本のアニメの真髄の一つかもしれない。ディズニーは戦闘シーンを真似することはできても、この「間」を真似することはできないだろう。

もともとが非常に静かな雰囲気の作品なので、うっかりするとうとうとと眠くなってしまうのだが、それは退屈だからではなく、居心地が良いから。

其ノ壱
第1話「緑の座」
第2話「瞼の光」

其ノ弐
第3話「柔らかい角」
第4話「枕小路」
第5話「旅をする沼」

どれもこれもが秀作である。今回はレンタルしたけど、まとめて買っちゃっても良いかもしれない。

この記事へのトラックバックURL