2008年04月02日

恋する日曜日 私。恋した

恋する日曜日 私。恋した

例によって(笑)、堀北が出ているので借りてきた。

なんていうんですかね、堀北は可愛いです。でも、それだけかなぁ。

まず、千葉の海がどうにも海っぽくない。もっと奇麗な海にしたらどうだったんだろう。それから、わざと演出しているんだろうけれど、余命3ヶ月の主人公の悲しみのようなものがストレートに伝わってこない。

死んでいく女性を描いているというよりは余命いくばくもない女性の失恋を描いている映画なので、「死ぬこと」がメインじゃなくなっているのは仕方がないのかもしれないけれど。

またそのうち会うことができると思っている他の登場人物の台詞によって、当たり前にやってくるとは限らない明日を明確にするのは良いと思うのだけれど、ここまで淡々と物語にするなら、それを主人公の口から語らせるのはちょっと余計だったと思う。余計といえば、ラスト近くの電話の台詞も余計かなぁ。

ただ、ラストのバスガイドの長回しのシーンは良かったかな。でも、それじゃぁ、堀北におんぶにだっこだよね・・・・。

舞台を沖縄にしなかったのは予算不足からですか(^^;?

評価は☆半分、と言いたいところですが、堀北が出ているから1つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50582017