2008年04月23日

ありゃ、オキシジェニクス、結局事実上の倒産ですか

オキシジェニクスが事業継続を断念、有力パートナーなく命運尽きる

人工赤血球などの開発を主力事業としていたオキシジェニクス(東京・港、大村孝男社長)が、事業の継続を断念していたことが、2008年4月17日までに分かった。


だそうです。

僕が「オキシジェニクスは果たして大丈夫なのか?」という記事で、「数ヶ月以内に明らかになるだろう」って書いてからちょうど10ヶ月。普通、「数ヶ月」って書いたらひと桁ヶ月ですよね。はずれた・・・・・。いや、待てよ?僕が書いたのは去年の6月18日、今回の記事のリリースは4月18日。・・・・・・・・・・・やっぱり駄目か、微妙なところだけど。まぁ、オキシが予想以上に頑張ったと。そういうことですね。ま、状況証拠を積み重ねた僕の予想もそれ程的は外れていなかったということで。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50598219