2008年06月19日

北の大草原

1b2f1b97.JPG名称:北の大草原
種類:北海道
場所:曙橋
評価:5/ABC
2008.6.19
コメント:僕の評価は味噌ラーメンに厳しいと良く言われるんだけれど、確かに「これは美味しい」と評価しているラーメンはほとんどない。全国で数えてみても多分10軒とないと思う。それは、どれもこれも味噌の味に負けてしまって、味噌汁ラーメンになってしまっているから。味噌という調味料は非常に個性が強いので、扱いが難しい。そういう理由で、この店も味噌ラーメンが売りという時点で「多分駄目だろうな」と思っていたのだけれど、意外にも結構まともだった。

スープはトンコツベースのスープを使って野菜を炒めて作る北海道系。かなりラードを多めに使っている様子で、スープを飲むとおなかがゆるくなるようなタイプ。野菜の旨味がうまく引き出せていて、結構美味しい。残念なのは合成保存料系の雑味が感じられることで、あまりその手の保存料に対して配慮していないんじゃないかと思う。恐らくはその雑味の出所はおろしニンニクだと思う。方向性は悪くないので、そのあたりを改善すればすぐに美味しいスープになると思う。

麺は標準よりはやや細めの札幌ゴム麺なのだが、コシが弱い。もともとの麺が悪いのか、茹で過ぎなのかは不明だが、デフォルトであの状態だとちょっと物足りない。ただ、これは麺硬め指定で注文すればクリアできる問題かも知れず、もう一度行ってみても良いかな、と思わせる。

チャーシューはまずいので、チャーシューのトッピングはお金の無駄。

全体で見るとあちこちにあらがあって、まだまだの完成度。しかし、抱えている問題はどれもこれも比較的簡単に改善できるもの。そのあたりをきちんとクリアすれば、このあたりでは一番のお店に成長するかもしれない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50682813