2008年06月20日

そりゃあ怒るでしょう

7acba54a.JPG

鳩山法相が激怒しているというので何かなーと思ったらこれでした。

これは怒るのも無理はない。鳩山法相は法律に従って大臣としての義務を果たしているだけの話。

第475条 死刑の執行は、法務大臣の命令による。

2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。


死刑を廃止したいのだったら、正面から死刑に関する議論をするべきであって、こうやって側面から殴りかかるのは報道の名を借りた言論テロだと思う。

内閣府の世論調査でも、日本人は死刑制度は存続させるべきという意見が多数であり、本気で朝日新聞が死刑廃止に向けて旗を振りたいのであれば、まずは国民が納得するような死刑廃止論を展開すべきだろう。別に朝日新聞は公共財ではないから、何をやろうと勝手だし、社説で毎日のように死刑廃止について書き続けたらどうだろう。

何にしても、きちんと法務大臣としての仕事をしているだけの人間を死に神呼ばわりするのはいただけない。

この記事へのトラックバックURL