2008年07月06日

「あほか」は別に良いんじゃないの?

日経新聞記者が不適切メール送信、民間団体に「ばか者」

なぁんて記事があって、いやー、面白いなーと思うんだけれど、世の中的には「けしからん」ってことらしいですね。自分のIPが抜かれているとも知らずにフォームから悪口を書き込んで、身元を突き止められちゃうなんて微笑ましい話だと思いますが。

つらつら考えてみると、日本人は新聞と言うものに対してちょっと過剰な期待を持っている気がする。新聞なんて、別に何か特別な規制があるわけでもないですよね?勝手に主義主張を繰り返しても構わない媒体でしょう?電波みたいに保護されているわけじゃないし。

#いや、別に僕は新聞社をやりたいとは思っていないので、ちゃんと調べてないんですけど(^^;

##あぁ、でも大抵の場合、新聞は放送メディアと密着しているから、実質的には連結か。逆に言えば、放送では言いたいことを言えないけれど、新聞なら何でも言える、みたいなところか。ま、どちらにしても、新聞は自己責任で何を言っても良いメディアのはず。

で、新聞社に対する過剰な期待を持っていない僕とかは「別に記事にするのは勝手だけど、そんなに騒ぐようなことじゃないじゃねーか」と思うのだけれど、一方で、新聞社がやってる記者クラブみたいな奴は役人時代から「ちょっとおかしいんじゃないの」と思っている。大したことない奴らの集まりなんだから、そんなギルド形成して既得権を振りかざすのはいかがなものかと。

「日経新聞みたいなところがこんなことやっちゃうなんてお行儀が悪い!」じゃなくて、「新聞社なんて別に大したことねぇんだから、記者クラブとか気取ってんじゃねぇよ」っていう、いわば視点の違いなんですけどね。そう思うわけです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50692369