2008年07月07日

もとやま

bf1ee833.JPG白山にある「もとやま」で焼肉を食べてきました。

焼肉店で食べるたびに書いているが、焼肉屋を評価するなら、注文は特上に限定すべき。肉の質はピンきりで、特に牛肉は価格とリニアに質が変化する。したがって、特上とか、上といった枕詞がついていない肉を食べて店を評価するくらいなら、初めから価格が安い店に行って食べるべきだというのが僕の持論。そういうわけで、このお店で注文したのもほとんどが「特上」とか、「特選」といった類のもの。

この手の肉を食べているとどうしても脂が多いので、胃にもたれてしまうのは仕方のないところか。肉はそれぞれになかなか美味しいのだけれど、脂以外の部分での味という面ではやや物足りなく感じるところがあった。標準以下とは言わないのだが、もうちょっと、と思う部分がないわけでもない。

ちなみに今回はわさび、および柚子胡椒(これはテーブルの上には置いてないが、店の人に頼めば小鉢に入れて持ってきてもらえる)で食べた。もしかしたらタレで食べればまた違った印象になるのかもしれないが、タレを食べに行ったのではないので、肉の質に対する印象はそれほど変わらないだろう。

写真はこちらをどうぞ。

食べログ版まにあな日記「もとやま白山店

この記事へのトラックバックURL