2008年08月14日

桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク

桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク (角川文庫 ひ 8-14)

「ツ、イ、ラ、ク」が面白かったのでこちらも読んでみた。この本、どういう位置づけなんだろう。スピンアウトの短編集?それとも独立して存在しているのかな?何にしても、「ツ、イ、ラ、ク」ときちんとリンクした短編を集めたもの。

うーーーーん、こっちはなんというか、イマイチかな。「ツ、イ、ラ、ク」を読んでいるからそれぞれの話はわかるけれど、やや抽象的なのと、短いが故に語りが足りないというか、食べたりなさがある。読んでいてちょっと退屈しちゃった(笑)。

ということで、評価は☆半分。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50713680