2008年08月26日

桜吹雪が風に舞う 新宿店

d3db3237.jpg名称:桜吹雪が風に舞う 新宿店
種類:九州
場所:新宿三丁目
評価:2/BCB
2008.8.26
コメント:大分前にマスコミに色々取り上げられていて、「あぁ、はやってるんだー」と思っていたら、どんどんあちこちにお店ができて「あぁ、美味しいんだー」と思っていたのだけれど、どうも足が向かず、ようやく食べてみた。

なんか、結構変わったラーメンですね。東京とんこつと九州系を足して二で割ったようなスープに北海道系の麺をぶちこんで、九州系のチャーシューをトッピングした、という感じ。

麺はやや細めの縮れ麺。この手のスープに合わせるのは非常に珍しいと思う。九州系、東京とんこつ系というよりは北海道系の札幌ゴム麺に近い。ただ、麺のコシはイマイチ。麺硬め指定で頼めばもうちょっと違うかも知れないのだけれど、デフォルトではちょっと柔らかい印象。スープの絡みは標準的。

スープは東京とんこつと九州系の中間ぐらい。どちらに分類したら良いのか正直迷うところなのだけれど、トンコツ臭さがわりと前面に出ていたので、一応九州系に分類してみた。トンコツ白湯スープをしょうゆ味に仕上げていて、背脂が浮いている。九州系としてはかなりライトな感じで、こってりの「まんぴか」を頼んだにも関わらず、やや軽いスープだった。この感じだと、花月をちょっと良くしたぐらいの感じで、かなり微妙。美味しいかな、うーーーーん、でも、普通かな、ぐらい。

チャーシューも正直微妙。肉の質がイマイチで、味付けはまぁ悪くない、という感じ。美味しい部分もあるけれどイマイチな部分もあるという感じで、わざわざトッピングするのはちょっと無駄遣いって感じがする。ただ、九州系と思えばそれほど悔しくもない。何しろ、チャーシューのトッピングはお勧めしない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50719990