2008年08月29日

ソウ3

ソウ3 DTSエディション

相変わらず痛い映画(;_;)

おまけになんかグロばっかりで、これってどうよ、という感じ。途中からストーリーらしきものが出てきて、ラストでお決まりのびっくりもあるんだけれど、とにかく前半のただただ殺す、みたいなパートが不愉快。

1は心理劇的なつくりでそれなりだったと思うけれど、2になって直接的な部分が多くなり、3になっては予算が大きくなったのか、グロ画像が増えた。ということで、だんだん趣味じゃなくなってきたのは確か。こういうのが好きな人には良いかも(笑)。

映画としては成り立っていると思うし、純粋にそのつくりだけを評価すればもうちょっと☆をつけても良いんだろうけれど、個人的に苦手なので評価は☆半分。じゃぁ、見るなって?ごもっとも(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50721328