2008年09月16日

えびす

04a26bc0.jpg

名称:味のえびす
種類:中華
場所:朝霞
評価:2/CB-
2008.9.16
コメント:朝霞はもともと川越街道の宿場町。地名は膝折。今電車が通っているあたりは昔で言えば町外れ。ところが、東武東上線と武蔵野線が通ったおかげで主役と脇役が完全に交代してしまった。このお店は、そんな、今ではすっかり寂れてしまい、表舞台からはいなくなってしまった地域にある。多分、このあたりの地主がここに電車を通そうとしたときに反対したんだと思う(逆かも知れないけれど)。

店は「味のえびす」という店名。食べログで調べると「味のえびすラーメン」、カーナビで調べると「味のえびす中華」と表示されたが、正確にはどちらも間違い。

普通にこの店に来ようと思ったら、バスかタクシーが必要。駅から歩いたら40分ぐらいはかかると思う。しかもアップダウンあり。そんな立地のくせに、駐車場が見当たらない。つまり、よそからラーメンを食べに来るなんていうことは全く想定していないのだ。地元の人のための中華料理屋である。そんなお店についてコメントするのも野暮なのだけれど、食べてしまったのだから仕方がない。

麺は細めの縮れ麺。完全に茹ですぎで、ふにゃふにゃ。コシも何もない。おまけにからまっちゃって食べにくいことこの上ない。

チャーシューメンを頼みたかったのにチャーシューが品切れとのことだったので、スタミナラーメンを注文したんだけれど、来てみたらニラ玉肉そばという感じ。具は別に悪くないし、スープもわりと美味しい。しかし、ちょっと味付けが濃い。食べていると喉が渇く。

チャーシューは載ってなかったので評価なし。

真正面から評価してしまえば、この程度の結果になってしまうのは仕方がないところ。しかしまぁ、わざわざ食べに来る人もいないだろうし、地元に愛されていれば良いんじゃないかなぁ、と思う。なんというか、そっとしておきたくなるお店である。

この記事へのトラックバックURL