2008年09月17日

岡崎

b08bbe94.jpg

名称:らー麺の創造 つけ麺 岡崎 池袋店
種類:つけめん
場所:池袋
評価:3/BCA
2008.9.17
コメント:夜はスナックなんだか、パブなんだか、クラブなんだか、良くわからないけれど昼はつけ麺屋という変わった二毛作店舗。ラーメンはなくてつけ麺だけ。このつけ麺が非常に評価が高いので、「どうせ大したことないんだろうな」と思いつつ食べに行ってみた。僕のブログを読んでいる人なら知っている人も多いと思うけれど、僕はとにかくつけ麺という食べ物を構造的に駄目な食べ物だと思っていて、これまでに「これは美味しい」と評価したお店は五指に余る程度。味噌ラーメン、冷やしラーメンと並んで難しい料理だと思っているので、最初から期待などしていないのである。

さて、そんなつけ麺、醤油と塩があったのだけれど、無難に醤油を注文。一応チャーシューをトッピングしてみた。250円。全部あわせて1050円だから、決して安くはない。

麺は太目の太平縮れ麺。そこそこにコシがあって、つけダレもきちんと絡む。スープに浸かっていないから、その分コシが長持ちするわけで、比較的良品。ただ、食べている間にどうしても麺と麺がくっつきはじめてしまい、食べにくくなってくる。これは店のせいというよりもつけ麺という食べ物の宿命と言っても良いのだけれど、わざわざそういう駄目な食品を提供しているのだから、評価が低くなってしまうのも仕方がない。この問題点をクリアしているつけ麺屋も少数ながら存在する以上、偏差値は50以上であったとしても、絶対的な評価は標準以下である。

つけダレはダシが効いているというよりは単にしょっぱいもの。加えて脂が非常に多いので、口のまわりがべとべとしてくる。味が濃いので「脂で味がぼけている」という印象は受けないものの、なんか脂でごまかしているような感じ。そして、何より最悪なのは別に中盛りにしたわけでもないのに、麺を半分ぐらい食べたところでつけダレがすっかり冷めてしまうこと。こうなってしまうと正直「まずい」という評価になる。チャーシューをトッピングしたせいもあるのかもしれないのだけれど、別にのんびり食べているわけでもないのに途中ですっかり冷たくなってしまっては食品として失格である。

チャーシューはきちんとした肉をきちんと味付けしている。ただ、味付けはかなり濃い。ここまで濃いと、ちょっとどうかな、と思わないでもないのだけれど、つけダレの味も濃いので全体のバランスは取れていると思う。

なんでこの店の評価が高いのか、さっぱりわからないけど、ま、別にいっか。

この記事へのトラックバックURL