2008年10月17日

シャンティ

df245896.jpg

一人前で1000円もする、楊貴妃もびっくりのレトルト・スープカレー。チキンとニンジンが入っているものの、基本的にほとんどスープばっかり、という内容。なので、ジャガイモあたりを追加してスープカレーらしく仕上げる必要がある。

このスープカレー、最大の特徴は「デンジャラス・ホット・スパイス」という真っ赤な粉。この手の追加スパイスはLEEがすぐに思い出されるけれど、結構効果が期待できる。ということで、「1袋全部で“キケン”・・・体中汗だくになっちゃった場合は明るく笑って許して下さい」とか書いてある奴を折角だから全部投入してみた。そうしたら、カレーが真っ赤(笑)。

で、食べてみたら・・・・・おお、これはすばらしい。レトルトのカレーとは思えない辛さ。このぐらい辛いと、「辛口のカレーを食べている」という満足感が得られる。具が少ないのがかなり残念なのと、非常に高いことが玉に瑕だけれど、レトルトカレーとしては非常に高く評価できると思う。ということで、評価は☆2つ半。いや、2手間ぐらい追加しなくちゃいけないのがマイナスポイントです。

この記事へのトラックバックURL