2009年03月20日

マスコミ関係者のレベルの低さには目を覆う

本当に頭が悪いんだろうなぁ。でも、もう70超えちゃっているから、治しようがないよね。お気の毒です。

「経済弱者に地デジTV配布を」民放連会長

何が駄目って、電波を事実上独占して、既得権者としてやりたい放題やっているテレビ局の元社長(テレビ朝日)が平気な面をして我田引水のコメントをするところが駄目。でもまぁ、沈没しそうな船の元船長としては、「元船長はどうして何も言ってくれないんだ」という船員たちの言葉を無視できないんですかね?だとしたら、それはそれでお気の毒。

テレビ局や新聞社の経営が思わしくないのは、景気悪化に伴う広告費の削減が一因であることは間違いないと思うのだけれど、一方でマスメディアによる広告の効果が落ちてきているのも間違いがなく、そのあたり、適正価格がどこにあるのかを見直す動きがあるんじゃないだろうか。そう考えると、たとえ景気が回復したとしても、テレビや新聞の経営が単純に回復するとは考えにくい。そうなったとき、高収入な社員や中継のための各種インフラという負債を抱えている組織の運営は非常に難しくなるはず。

僕がブログで散々書いてきている、雇用習慣の改革をはじめとした構造改革は、このあたりから進んでいくんじゃないかな。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
経済的弱者はテレビなんかみてねぇで勉強して稼げるようになれと思うのはシバキ主義ですか、そうですか(自己完結)
Posted by e- at 2009年03月20日 14:01
> 経済的弱者はテレビなんかみてねぇで勉強して稼げるようになれと思うのはシバキ主義ですか、そうですか(自己完結)

まぁ、経済的弱者の姿が具体的に見えてないのでなんとも言えないのですが、経済的弱者をそのままに放置するのではなく、経済的弱者から脱却するためのきっかけを与えようと思うのであれば、テレビではなくパソコンを支給したほうが良いでしょうね。
Posted by buu* at 2009年03月20日 15:52