2009年04月01日

個人的新規事業

ライブログはウェブサイト構築・運営サポートがメイン業務なんだけれど、ここ一年ぐらいでやってきたこと、これからやろうとしていることを列挙すると、

ウェブサイト構築・運営
ポスドク就職支援
バイオベンチャー起業支援
バイオベンチャー支援
横浜地域SNS運営
埼玉県地域SNS運営
将棋SNS運営
ウィンタースポーツSNS運営
スキー関連グッズ販売
スキーワックス定着剤開発
映画評価サイト構築
携帯ゲーム開発
ブログコミュニケーションツール開発
ビジネスマン教育ツール開発
フードビジネス起業サポート
公益法人立ち上げサポート
社会人学校カリキュラム策定
各種コンサルティング
その他、いくつか

なんて感じになっていて、そのいくつかはすでにオープンになっているし、まだオープンになっていないものも順次オープンになっていくはず。あぁ、あのとき書いていたこれがあれかー、なんてことになるのだと思うのだけれど、ま、駄目そうなことからは撤退し、いけそうなところはどんどん攻めて行きたいところではあるのだけれど、これはあくまでも会社としてのアクティビティ。

個人的には、スキー、イラスト描き、ゲーム、サッカー観戦、野球観戦、映画鑑賞、演劇鑑賞、B級を中心とした食べ歩き、カーリング、読書あたりが主たるアクティビティなんだと思うのだけれど、今年は新しく何をやろうかな、と考えているところ。

一番最初にぱっと思いつくのが「割引制度」に関する書籍の執筆。普通に暮らしていればあらゆるところで目にする割引制度なんだけれど、それを系統立てて考察して、ふさわしい場面でふさわしく投入しているケースっていうのは稀。なんとなく、「これ、余っているから安くしちゃおう」とか、考えているケースがほとんどなんですね。でも、それじゃぁ、駄目。利益を最大化することを考えないと。ここで言う「利益」っていうのは、売る側と、買う側の両方。双方がハッピーではじめて成熟した商取引になる。そのための割引制度というのは、どう考えたら良いのか。このあたり、僕が持っている知識を総動員して一冊の本にしてみたい。もうひとつが、「四月馬鹿コンサルティング」。四月馬鹿って、最近はみんなこぞって「何かできないか」って考えているわけだけど、これがなかなか難しい。誰も傷つけず、誰にも迷惑をかけず、でも気が付いたときには「えーーー、そうだったんだ!」と思わず膝を叩いてしまうような、気の利いた嘘。これがことのほか難しい。

たとえば僕の場合、去年はこんな嘘を書いたわけだけど、

グラデーションメッシュを勉強中 その5
グラデーションメッシュを勉強中 その6

これなんかは四月馬鹿の当日より前から、細工をしていたわけです。

グラデーションメッシュを勉強中 その4

いや、堀北の似顔絵は本当に僕が描いたイラストなんだけど、そのあとの山とクリスマスの夜景はただの写真。で、いかにもそれっぽいグラデーションメッシュの下絵を作っておいて、そのあと、「こんなになりました」って公開してみた。じゃぁ、これが本当にプラクティカルジョークなのか、誰にも迷惑をかけていないのか、ということになると正直微妙なところであって、たとえばこの嘘を見て、「そうか!イラストレーターを使うとこんな絵が描けるんだ!」と信じちゃった人がいたとしたら、それはそれで迷惑と言えなくもない(実際はイラストレーターでこの絵を描くことは、技術的にはできるはずですが(笑))。

それに比較すると、おととしのこちらなんかはかなり罪のないほうだけど、

「誤植学」単行本キタコレ!

それにしたって、「よーし、初版本を買っちゃうぞ。お小遣いためておくぞ」とか思っている良い子がいたとしたらやっぱり迷惑をかけちゃっているわけで、「誰にも迷惑をかけない」っていうのは非常に難しい。そんな中において、四月馬鹿のねたを提供したり、あるいはその嘘の迷惑度合いを判定してあげたり、さらには後日何か問題が生じてしまったときにその収拾について相談に乗ってあげる、みたいな。いや、まじでみんな頭を悩ませていると思うんですよ。でも、もう大丈夫。僕が色々相談に乗ります。もちろんただじゃないですけど(笑)。この業務はライブログの定款を見てみるとちょっと難しそうなので、個人として展開しようと思います。もし「今年の四月馬鹿はどうしよう!!」と考えちゃう人がいたら、まずはメール、お願いします。あるいはこのエントリーのコメント欄を使ってもらっても構いません。

肩書きは・・・・・・「四月馬鹿主席研究員」ぐらいで。あ、多分3月末になると忙しくなると思うので、相談はなるべく早めにお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50823154
この記事へのコメント
4月1日にissueされた記事は何も信じられない...
特にbuu*さんのは(笑)
Posted by e- at 2009年04月02日 11:14
> 特にbuu*さんのは(笑)

そもそものはじまりは「めだ」だったわけですが、

http://www.netlaputa.ne.jp/~buu/Date/me.html#anchor1546974

こうしてみるともう10年以上前なんですね。さすがに最近は「めだへの行き方を教えてください」というメールは来ませんが、トータルしたら30通ぐらいもらったんじゃないかなぁ。日付が赤くなっているのは「真っ赤な嘘」の意味だし、「めだ」というのはDEMAのアナグラムなんですが(笑)。

ちなみにめだに比べると随分問い合わせが少なかったのがオゾンバーです。

http://www.netlaputa.ne.jp/~buu/Date/o.html#20020401

こちらはOOBORAのアナグラム(O3(=オゾン)BAR)なわけですが、数人「ここって、あの店ですか?」みたいなメールを送ってくる人がいて終了でした。

僕のデータベース、点数別にデータをまとめていないので、データが多すぎて、13点の店を探すのが難しくなってしまったというのもあるかもしれない。

って、e-さんは知っているでしょうが、知らない人もいるかもしれないから一応書いておきます。
Posted by buu* at 2009年04月02日 12:04
エントリの日付が4月1日となってますが、

> 「割引制度」に関する書籍の執筆

は現実に期待したいです。楽しみです。
Posted by mossari at 2009年04月02日 13:39
> は現実に期待したいです。楽しみです。

世の中には嘘から出た実という言葉もありますね(笑)
Posted by buu* at 2009年04月02日 22:08
ここ数年の四月馬鹿企画ってのはAh!Skii!みたいな感じで、最初っから「ありえね〜」みたいのが多くて、ちょっと食傷気味です。

ちょっとフライング気味でしたが

http://www.business-i.jp/news/for-page/chizai/200903300003o.nwc

のような、もしかして釣り?みたいのが、味わい深くて良いですなぁ(^^


Posted by e- at 2009年04月04日 00:29
> 最初っから「ありえね〜」みたいのが多くて、ちょっと食傷気味です。

でもさ、これなんか、「ありえね〜」って話なのに、4月1日に書いてないことによってものすごい効果を出しているよね。

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090319ddlk14040128000c.html

これからのトレンドは4月1日をはずすことだと思います。
Posted by buu* at 2009年04月04日 00:37