2009年05月30日

鶏肉のクリームシチュー隠れ家レストラン編

決算の作業も終了し、予想外にたくさん作ってしまったカレーも食べ終わり、さて、つぎは何を作ろうか、と思っていた金曜日、友達と神田で飲んでいてクリームシチューの話になった。酔っ払っていたので詳しいことは何も覚えておらず、なんか、たまねぎを切る方向がどうのこうの、というのはちょっと覚えているけれど、詳しいことは良くわからない。とにかく、そうだ、シチュー(クリーム)を作ろう、ということになった。

ということで、買い物。まず、カレー、シチューコーナーに行って、ルウを検討。でも、どれが良いのかさっぱりわからない。こういうときは突っ込みどころがある商品を買うのがブログネタ的にも正しいので、「隠れ家」とか堂々と言っている時点で頭も尻も隠してねぇじゃねぇか、どこが隠れ家なんだよ、と突っ込みたくなる「軽井沢隠れ家レストランのこだわりシチュー」を買ってみた。

CA3B0158

で、頼みの綱は、この裏に書いてあるレシピ。ちゃんと書いてあるから偉い。でも、
「10皿分」って書いてある。これ、ちょっと多すぎない?ま、いっか。

材料は肉400グラム、たまねぎ400グラム、にんじん150グラム、じゃがいも400グラム、牛乳400ミリリットルとのこと。ということで、まずは肉だ。肉売り場に行って、さて、鶏かなー、豚かなーとちょっと悩んだのだけれど、豚肉って硬くなるし、カロリーも高いから(本当か?)やっぱ、鶏にしよう、ということで、むね肉にしてみた。レシピには400グラムって書いてあるけれど、330グラムぐらいのと600グラムしかない。こんなの、厳密に考えても仕方ないので迷わず330グラムを購入。

CA3B0157

続いて野菜。たまねぎ400グラムは中2個って書いてある。でも、中ぐらいの大きさのたまねぎというのが良くわからない。仕方がないので、3個入りのを買ってみた。これで小さいのひとつと大きいの一つを選べば結果的に中くらいのを二つ使ったことになるに違いない。

CA3B0159

にんじんは何でもいいんじゃね?ということで、一本買ってみた。

CA3B0161

問題はじゃがいも。前回、カレーを作ったときにじゃがいもはかげも形もなくなってしまった。あれは悲しい。ということで、今日はメークインを買ってみた。サイズは小さいけど、煮崩れしにくいというのがナイス。

CA3B0160

で、あとは牛乳。いつも飲むのは低脂肪乳なんだけれど、このブログの読者から「馬鹿だなー、シチューを作るなら濃厚な牛乳を使うに決まってんじゃん」という突込みがありそうだな、と思ったので、あえていつもどおり低脂肪乳を買ってみた。

CA3B0162

さて、買い物完了。いよいよクッキングタイム。といっても、今回も前回のカレーと同様、それほど難しいことはなさそう。皮をむいて鍋に投入すればほとんど終了という感じ。クリームシチューって、作るの簡単なんだなー。

さて、まずは野菜の皮をむく作業。まぁ、別にどうってことはない。唯一、たまねぎの皮って、どのくらいむくのよ?というのがあるのだけれど、あんまりむきすぎると中身がなくなっちゃいそうだから、「ま、こんなもんだろ」みたいな?

CA3B0163

メークインは皮がむきやすい。こいつはナイスなじゃがいもだなー。

さて、肉と野菜を適当な大きさに切って、サラダ油をちょこっと入れた鍋に投入。で、中火で加熱。結構重い。たまねぎがばらばらになってきてしまってちょっと悲しい。でもまぁ、仕方ないよね?レシピには「こがさないように炒めます」と書いてあるので、まめにかき混ぜながら数分炒めてみた。と、ちょっとこげつきそうな感じになってきたので、そろそろやめておくか、ということで加熱ストップ。

CA3B0164

水を加えて沸騰したらあくを取り、材料が柔らかくなるまで鍋のふたを少し開けて弱火で15分ほど煮込む。

CA3B0165

ちょっと、水の量が少ない感じ。野菜の量が多かったかな?にんじんが多すぎた?でもまぁ、そのうち野菜からも水分が出てきて大丈夫になるだろう、という根拠のない自信のもと、クッキングを進行。で、時間が経ってみたら、まぁ、悪くない感じ。

CA3B0166

さて、いったん火をとめて、ルウを割りいれろと書いてある。ここではじめてルウの箱を開けてみてびっくり。二つに分かれてるジャン。これなら、半分だけでも料理できたじゃん。先に言ってくれよ、分割されているって。「化学調味料無添加」とか、「植物油脂使用」とか、どうでも良いことを馬鹿でかく書くくせに「ルウは二回分に分割されています」という非常に大事なことを全く書かないS&Bの空気読めなさ具合にちょっと感動した。

CA3B0168

で、じゃがいもが煮崩れるのは嫌なので、お玉の上でルウを溶かしながら投入。全量投入したら、なんかどろどろになった。

CA3B0167

仕上げに牛乳を400ミリリットル加えてとろみがつくまで弱火で加熱しろと書いてあるので、言われたとおりにする。

CA3B0169

うはー、結構おいしそうジャン?ということで、ちょこっと加熱して、完成です!

CA3B0170

さぁ、早速食べてみよう。

CA3B0171

おーーー、じゃがいもも残っているし、にんじんも良い感じ。鶏肉もそこそこ主張している。量は少ないけど(笑)。全体としては、やや塩分控えめ。僕は塩分が少ない方が好きなのでこれでも良いけど、普通の人にはちょっと薄味かも知れない。ま、別に良いんだけれど。

ということで、今日の隠れ家レストランのクリームシチューは、☆2つ半。

最大の問題は、まだまだ物凄い量が残っているということ。誰か、食べに来い(笑)。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちわ。

完成品、シズル感バッチリじゃないっすか!
具のエッジもしっかりしていて、食べに行きたいです。

今回のルウのレシピを詳しく知りませんが、
野菜を炒める時点での、塩コショウの<指示>はどうなってます?
シチューは塩コショウ、特にコショウを効かせるとぐっと味がしまるはずです。



Posted by カツ/鰻 at 2009年05月30日 16:00
> 具のエッジもしっかりしていて、食べに行きたいです。

いつでもどうぞ。
このままでは当分朝昼晩シチューです(;_;)

> 野菜を炒める時点での、塩コショウの<指示>はどうなってます?

何もなし。なので、何も使ってません。

> シチューは塩コショウ、特にコショウを効かせるとぐっと味がしまるはずです。

そうなんだ。じゃぁ、次はそれで。しかし、当分クリームシチューは作らないだろうな(笑) 次は何を作ろうかなぁ。とりあえず、今晩のチューボーですよを見てから考えようかな?
Posted by buu* at 2009年05月30日 18:21