2009年06月14日

ZEPPIN 辛口ブラック

ルウを使って作るカレーは正直見切った。ということで、一々全部写真を撮るのはやめ。

まず、スーパーでルウを物色。この間ビーフシチューを作ったら結構いけてたグリコのZEPPINシリーズのカレー版を購入。それから、にんじん一本、じゃがいも、たまねぎ一個、鶏の胸肉300グラムぐらいを購入。今回は「具が大きいカレー」で行ってみる。

CA3B0314

まず、たまねぎを薄切りにして鍋でいためる。溶けてなくなっちゃうとちょっと悲しいので、きつね色になる手前、ちょっと色が変わったかな、ぐらいで一度火を止める。

続いてにんじんを投入。

このあたりで胸肉にかたくり粉をかけてちょっと置いておく。

にんじんにもちょっと火が通ったかな、ぐらいのタイミングで丸のまんまのにんにくを投入。

ざざざっと炒めたところで胸肉をそのまま投入(笑)。と、鍋が少し焦げちゃったけれど、まぁ、いっか。細かいことは気にしない。

さらに炒めて、鶏の表面に火が通ったところで水を700ccぐらい投入。

途中であくがでたのでおたまであくをすくいながら、約15分。

にんじんが柔らかくなっているのを確認してから、じゃがいもを投入。

続いてルウを3/4分投入。おたまで溶かして、かき混ぜる。

つづいて鷹のつめを3本、はさみで刻みながら投入。

弱火にして約5分煮込む。

じゃがいもがちゃんと柔らかくなっているのを確認。

丸のまんまだった鶏肉をお箸で6つぐらいに分解して完成です!

CA3B0311

ちょうど完成のタイミングでご飯が炊けたので(このあたりのタイミングの計り方が上達した)、さっそくご飯をよそって、食べてみた。

CA3B0313

うまい。レトルトカレーとか、食ってらんない。このカレーなら人に食べさせてもそんなに恥ずかしくないと思う。次はルウを卒業かなぁ。

#かたくり粉をまぶすと、肉って焦げやすくなるのかな?

この記事へのトラックバックURL