2009年08月27日

流動化して良いことじゃないか

G大阪・レアンドロがオイルマネーでカタールへ移籍

この記事の意図するところが「金を積んで選手を引き抜くのはけしからん」ということなのかどうなのかは良くわからないのだけれど、良い選手を発掘して、それをビッグクラブに売却して利益を出して、そのお金を次の補強に使うというのはクラブ強化の常套手段。ガンバは07のマグノアウベス、08のバレーに続いて三年連続で主力を中東に持っていかれたわけだけれど、おかげで大金持ち。中東に足を向けて寝ることができないはず。ここ数年横文字の選手が活躍した記憶がないわが横浜F・マリノスからしたらうらやましい限りである。それで、この記事を読んで「良いなぁ」と思っていたら、すぐにこんな記事も。

G大阪強奪返し!新潟・ジュニオールを電撃補強

そうそう、そういう流動化が一番大事なんだよ。そして、また来年、ジュニオールは中東へ(笑)。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50878042