2009年09月10日

福島みずほさんのポストを余計なお世話で考えてみる

内閣総理大臣
もちろんない。

総務大臣
郵政関連政策が混乱するので無理。

文部科学大臣
科学技術に興味があると思えない。教育は教育で混乱しそうなので無理。

厚生労働大臣 可能性3%
ものすごい勢いで福祉を充実させようとしそう。政権の方針と整合性が取れなくなりそう。
 
農林水産大臣 可能性1%
自民党の支持基盤である農村とどうやっていくのか、第三者的には興味深いが、現実的にはハードルが高すぎる。ただ、これに任命してすぐに×印をつけてスピード解任、という考え方もあり。  

経済産業大臣
検討する価値すらない。
 
国土交通大臣 1%
道路も河川も建物も住宅も何もかもが後退しそう。多分無理。
 
環境大臣 可能性5%
これは意外とありかも。25%削減に向けて大鉈を振るう。しかしまぁ、これから人口も減少することだし、環境負荷の小さい社会は意外と実現可能かも知れない。不便にはなるだろうけれど。
 
防衛大臣
どこかからすぐにミサイルが飛んできそうだ。
 
内閣官房長官
ない。
 
国家公安委員会委員長 可能性1%
警察の政治的中立性を確保するという意味ではありかも?でも、警官が拳銃携帯できなくなったら大変だろうなぁ。

法務大臣
死刑執行がストップして死刑囚がどんどん蓄積される。
 
外務大臣
あはは。

財務大臣
あはは。

内閣府特命担当大臣(地方分権改革) 可能性1%
地方の首長の顰蹙を買いそうなのでやめておいた方が吉。

内閣府特命担当大臣(金融)
この大事なときにありえない。

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)
基地だけじゃなくて社民党議員まで沖縄に押し付けるのか、と怒られそう。

内閣府特命担当大臣(防災) 可能性5%
なくはないか?

内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
無理。
 
内閣府特命担当大臣(規制改革)
無理。

内閣府特命担当大臣(科学技術政策) 可能性1%
多分無理。

内閣府特命担当大臣(消費者) 可能性15%
悪くない。比較的民主党と政策上の相違がない。もっと適正な人は他にいるだろうけれど。

内閣府特命担当大臣(食品安全) 可能性25%
結構いけそうか?

内閣府特命担当大臣(少子化対策) 可能性30%
無難だ。

内閣府特命担当大臣(男女共同参画) 可能性10%
悪くない。

行政改革担当
無理。

公務員制度改革担当
無理。

拉致問題担当 可能性1%
まぁ、基本的にはないでしょう。

その他を新設 可能性1%
こういう手もある。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50883239
この記事へのコメント
防衛大臣が適任でしょう。
海賊から艦船を守るのに自衛隊を出しては成らず、海上保安庁にすべきとの考え方を実践していただきましょう。
海賊船の装備はライフルだけではありません。
巡視艇は確実に全艦海の藻屑になります。
従って、その乗組員を全員70才以上にすることにより、年金の支出が大幅に減少できることになります。
勿論最後には福島氏に出陣していただきます。
Posted by さわやか風太郎 at 2009年09月13日 00:51
> 勿論最後には福島氏に出陣していただきます。

陣頭指揮が良いと思います。
Posted by buu* at 2009年09月13日 10:59