2009年10月03日

南極料理人

nankyokuくすりと笑ってしまうエピソードの断片をつなぎ合わせることによって、南極基地の生活を描いた映画。その断片の一つ一つがなかなかに面白く、良くできている。ただ、その笑いは爆笑というよりはクスクス笑うような性質なので、映画を観てすっきりさっぱりというよりは、後で思い出してにやり、という感じ。

たとえば、この映画を観たあとで定食屋に行って、エビフライを見てにやりとか、スーパーの肉のコーナーでローストビーフを見てくすり、とか。

そんな感じで静かに進んでいく堺雅人主演の映画といえば「ジャージの二人」が思い出されるのだけれど、あれに比較するとそれでもかなりアクセントがあって、こちらの方がずっと一般受けすると思う。

ただ、静か過ぎるので、どうしても眠くなる(笑)

細かく配置された心理描写を一所懸命見つけてくるという楽しみ方もあるだろうが、あんまり肩肘張らず、ちょっと暇つぶしに、ぐらいの感覚で観ることをお勧めしたい。

こういう映画はあまり悪く言われることがないと思うので、ひとつだけ、しかも大きな構造的欠陥を指摘しておくと、オープニングで登場人物たちを主人公のモノローグで紹介していったのがいただけない。セリフで紹介された人物像というのは、なかなか頭に入ってこない。セリフではなく、何かのエピソードによって、あぁ、この人はこういう人なんだね、というのをわからせて欲しかった。おかげで、登場人物それぞれの性格付けが良く理解できず、「あれ?この人は、何をやる人だったっけ?」と考えてしまうことになってしまった。有名な個性派俳優がたくさん出ているなら別なのだけれど、大写しにして、「この人はこれこれこういう人」と次々に紹介していくのはなんとも芸がない。

導入部分でどうやって時代背景を説明し、どうやって登場人物を説明するのか、このあたりが製作者の腕の見せ所なのに、それがなかったのが物凄くもったいない。

他のところは大きな問題もなく、結構楽しめた。評価は☆1つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50900669