2009年10月24日

ベーシックインカムなぁ

昨日の朝生では、ベーシックインカムについての議論(というか、意見表明)が少しあったようだ(眠かったので、いい加減に見ていた)。僕はベーシックインカムについては今のところ懐疑的なスタンス。でも、世の中のネット住民の中では結構好意的に受け入れられているようだ。どうして受けが良いのか、そのあたりがちょっとわからないのだけれど、一応自分の頭の整理だけやっておく。

ベーシックインカムに対する個人的認識
基本的人権の保障のようなものとして、社会の構成員全員に定期的に一定額を供給する(例えば、日本国民に一律に月額5〜8万円を支給する)システム。所得の再分配制度のひとつ。

ベーシックインカムのメリット
企業の福祉負担軽減
生活保護のように資格をチェックするフェイズがない(社会保障制度の単純化)
被雇用者(公務員を含む)を保護しなくて済む
解雇に対する負担(金銭的、心理的)の軽減
個人で完結する(世帯単位ではない)
働かない自由が発生する
支給金額を増減することによって、制度導入インパクトを調整できる

ベーシックインカムのデメリット
お金がかかる(100兆円程度?消費税率20%にしてもカヴァーできない)
勤労意欲が低下するかも知れない
国家の国際的競争力が低下するかも知れない

想定される新しいライフスタイル
気候の良い南国に在住、基本働かない。貸し与えられた土地で野菜などを栽培しつつ、子供をどんどんつくる。

疑問
日本は国家としてベーシックインカムを制度として採用できるほどの生産をしているのか
また、今後、生産し続けることができるのか
制度によって生産性がさらに低下するのではないか
途中でやめるのは非常に難しいのではないか
働かない自由がすべての人に存在すべきか
結局新しい保障が必要になるのではないか(もらったお金をパチンコで消費してしまったらどうするのか、借金して先に消費してしまったらどうするのか)
国際競争力の低下を招かないか
不労層が定着、固定化するのではないか
不労層からの脱出が困難になるのではないか
導入後、財源が確保できなくなったら国家が破綻するのではないか

思考実験1
夕張市をベーシックインカム特区とする
働きたくない人が引っ越してくる
財源確保のため、所得税、消費税、相続税などの税率がアップする
企業は逃げ出す
高所得層も逃げ出す
財源が確保できなくなる
制度破綻

思考実験2
日本でベーシックインカムを実施する
海外から貧困層が流入してくる
財源確保のため、所得税、消費税、相続税などの税率がアップする
企業は海外に移転
高所得層も海外に流出
財源が確保できなくなる
制度破綻

考察
制度導入に当たっては、外部からの構成要素(ひと、もの、かね)流出入を制限する必要がある
海外の経済状況からの影響を極力軽減する必要がある
肥沃な土地、豊富な日照量など、国土そのものの生産性が求められる
 >国土に付帯した生産以外は海外に流出する
 >北海道のような季節による生産性の差が大きな地域は安定的運用が困難

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
過去の事例(英国スピーナムランド制度)を概観した

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/korunakare237.pdf

なども参考になると思います。権丈善一さんは慶応の商学部の教授で、社会保障、年金を専門にされている経済学者ですす。
この人の本も読まなくちゃな、と思っているのですがいかんせん値段が...
Posted by e- at 2009年10月24日 18:43
フローの課税を減らして、ストックに重めの課税をかけるようにしてはどうでしょう?
あと、BIによって労働賃金が下がるとすれば、物価もどんどん下がっていかないですかね?

GDPで考えたら不幸になっていくんでしょうが、あれはあくまでも右肩上がりを前提にした指標なので、ここらで幸福度みたいな基準のはかりができてもいいんじゃないかとも思います。
Posted by 通りすがり at 2011年02月15日 13:18
> フローの課税を減らして、ストックに重めの課税をかけるようにしてはどうでしょう?
> あと、BIによって労働賃金が下がるとすれば、物価もどんどん下がっていかないですかね?

どのようなやり方を講じても、「ベーシックインカム非適用地域」と「ベーシックインカム適用地域」との間で様々な交流がある限り、円滑な運用は難しいんじゃないかと。鎖国すれば別なんですが。
Posted by buu* at 2011年02月15日 13:36
>どのようなやり方を講じても、「ベーシックインカム非適用地域」と「ベーシックインカム適用地域」との間で様々な交流がある限り、円滑な運用は難しいんじゃないかと。鎖国すれば別なんですが。

逆にだからこそ競争力が生まれる可能性を秘めているのでは、とも思います。
賃金が減り、物価が下がり、おまけに法人税まで下げられれば、価格競争で優位にたてるし、企業誘致にもなるのではないでしょうか。

また、このような新しい仕組みからは今までの経済からは考えられないようなものも生まれてくるのではないか、という期待もありますね。

と、何の説得力もない漠然とした期待感でしかないのですが、若いうちにドラスティックな変化の波を体感したい気持ちでいっぱいなわけです。。
Posted by 通りすがり at 2011年03月01日 17:58
> 逆にだからこそ競争力が生まれる可能性を秘めているのでは、とも思います。

なるほど。

> 賃金が減り、物価が下がり、おまけに法人税まで下げられれば、価格競争で優位にたてるし、企業誘致にもなるのではないでしょうか。

賃金が減ると所得税が減ります。物価が下がると消費税が下がります。法人税率を下げると法人税収入も減ります。どこにも財源確保の要素がなくなりますが、ベーシックインカムのためには財源は増やさなくてはなりません。あるいは公共サービスを大幅にカットするしかないのですが、どうしたら良いのでしょうか。

> また、このような新しい仕組みからは今までの経済からは考えられないようなものも生まれてくるのではないか、という期待もありますね。

something newはもちろん出てくると思うのですが、それが何なのか、また、それはベーシックインカムがなければ生まれてこないものなのか、現段階ではわからないですね。何が出てくるのかな・・・・。ただ、そこに踏み込む前に、僕の中では、前段で述べた財源不足が物凄く大きな壁となって存在してしまいます。

> と、何の説得力もない漠然とした期待感でしかないのですが、若いうちにドラスティックな変化の波を体感したい気持ちでいっぱいなわけです。。

「とりあえずやってみる」のは決して悪くないので、もうどうしようもない北海道の過疎地などでやってみるのが良いと思います。夕張とか、歌志内とか。問題は財源ですよね。人が増えれば増えるほど、必要なお金は増大します。
Posted by buu* at 2011年03月02日 10:33
〜ベーシックインカムを地球規模で実現するには〜

どうせ外国/海外からから移入/流入/移住してくるだろうから
地球規模にするはめになる
でなければ相当な防衛力が必要になる。非ベーシックインカム国家からの攻撃

みんなのコメントを読んで私も破綻すると思います。
破綻しないようにするには結局、科学技術に頼るしかないかと思う。
2020年→2030年→2040年

これからの科学技術というのはズバリロボットそのもの。
人工知能、スパコン。
永久機関は存在しないので、唯一の太陽光に頼ると100年は安泰だと思う。
Posted by 匿名 at 2013年12月13日 13:22