2009年10月31日

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

こ、これは・・・・

映画ではない。映画館で見る、フィルムコンサートとも違う。なんというか、ついこの間までそこにいて、今も普通に存在していてもおかしくなかったアーティストの記録。

でも、映画じゃないんだけれど、その辺の映画よりずっと楽しめる。おとなしく椅子に座っているのが難しくなる。できれば、zeppとか、そんなところで立って観たい、そんな作品。

マイケルだけじゃなくて、ダンサー、ギタリスト、コーラス、演出家、出てくる人たちがみんな超一流で、お客さんに日常を忘れさせるために物凄い努力をしている。そして、その全ての総指揮を執っているのがマイケル。彼の中にあるイメージを忠実にステージに具現化しようとしている。その過程の一部を見事に映像化している。

マイケルは、歌詞を見ていると大したことを歌っていない。おらおら、けんかだぞ、こら、とか、やべー、こえー、とか、あいつ、消されたぞ、とか、そんな感じの。でも、心地良い。どうしてなのかなー、と思っていたけれど、この映画(?)を観ると、その理由が少しわかったような気になる。

この作品を観ると、他では代替できないような偉大な才能がひとつ、地球上から失われたことがわかる。その才能と同じ時間を生きていた人がこの作品を観ないということは、大きな損失になると思う。

僕はマイケルのCDは一枚も持っていない。レコードは一枚だけ。それから、レコードから録音したカセットテープが2本。そのどれもを、もう10年以上聴いていない。なぜなら、僕は別に彼のファンではないからだ。しかし、この作品は観ておいて良かった。ファンも、ファンではない人も、観ておいて損はない。というか、観ないことが損だ。そして、「DVDが出たら、家で」というのも間違い。この作品は、音響がしっかりしている、大きな画面の映画館で、そしてできれば良い席で、観ておく必要があると思う。いつまでやってるんだろう?2週間限定っていうことだから、あまり長くはやっていないはず。

映画が終わって、拍手をした人がいた。でも、その気持ちがわかる。

映画でもない、フィルムコンサートでもない、ただ、マイケル・ジャクソンがそこにいる。評価は☆3つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50921200