2009年11月17日

ケーキのようなホットケーキミックス

先日、粉に詳しい友人に「美味しいよー」と教えてもらった「ケーキのようなホットケーキミックス」(昭和産業株式会社)がスーパーで売っていたので、早速購入。ホットケーキって、作るの、10年以上ぶりっぽい。うまく出来るか全く自信がなかったのだけれど、ふらふらっと挑戦してしまった。

DSCN2055

原料は、「ケーキのようなホットケーキミックス」と、あとは牛乳と卵ふたつ。牛乳は100ミリリットルしか要らない。

DSCN2057 DSCN2061

まず、牛乳と卵をボールに入れる。

DSCN2064

で、ミックスを追加。

DSCN2067

泡だて器を使って混ぜ合わせる。

DSCN2070 DSCN2073

フライパンを加熱して、薄く油をひいて、一度ぬれぶきんの上に乗せて少し冷ます。それから記事を丸く流し込んで、

DSCN2076

表面にぷつぷつと小さな泡ができて、まわりが乾いてきたところで、裏返す。

DSCN2079

と、びっくり。真っ黒だ(笑)。写真で見るとあんまりわからないけれど、かなり黒い(笑)。

DSCN2083

これ以上弱火にできないんだよな、うちのコンロ。ということで、タイマーに頼らず、まめにチェックすることに。

さすがに二枚目は真っ黒ということもなく。

DSCN2088

二枚重ねると一枚目がとんでもなく黒いのが良くわかる(笑)。

DSCN2091

ここまでが朝ごはん。いわゆる、失敗。ゲストがいたら多分無星。だって、苦いんだもん(^^; ということで、プライドをかけて昼ごはんも挑戦しました。

一枚目。

DSCN2095

二枚目。

DSCN2098

二枚重ねて、メープルシロップとともに。

DSCN2101

なんか、カステラみたい。バニラとバターの風味が強め、といううわさだったけれど、日ごろからあまりバニラとか食べないので良くわからなかった(汗)。ケーキはふんわりしていて美味しかった。昔食べた覚えがある森永のホットケーキミックスはもっと密度が濃かったような気がする。ということで、いつもはメープルシロップでべちょべちょにして食べるんだけれど、それをやっちゃうとふんわり感が失われて勿体無いので、シロップはちょっと控えめで食べました。結構お勧め。4枚分を一袋にしてふた袋を小分けにしてくれているのもナイス。

ところで、自分は乳糖不耐症のようだ。余った牛乳をちょっと飲んだら、すぐにお腹を壊した(涙)。前から牛乳には弱いよな、と自覚していたんだけれど、40年も生きてきてようやく牛乳のせいでお腹を壊すと、きちんと把握した(笑)。

この記事へのトラックバックURL