2009年11月26日

たまには日記でも書いてみる

ブログというのは日記らしいから、日記らしいことを書いてみる。

今日は人間ドックの日だったので、朝ごはんを食べずにドックに行った。おしまい。

というのでは味気がないので、ちゃんと書いてみよう。

朝、7時30分に起床。人間ドックの注意書きを今更ながらに読むと、「飲むのは朝の7時まで」とか書いてある。血圧の薬を飲むことができないので断念して、仕事。9時過ぎにひと段落したので、それからシャワーを浴びて、着替えて(といっても、ジャージ)、近所の総合病院へ。受付で書類を渡したら不備があったらしく、市役所で再発行してもらう必要があるらしい。スイマセン。そのあと、身長やら体重やら視力やら血圧やら問診やら胃のレントゲンやら色々やって、13時に終了。家に戻って、朝ごはんを食べて、バリウム用の下剤を飲んだ。そのあとまた1時間ほど仕事をしたら小腹が空いたので、昼ごはんに。何を食べようかな、と思って冷蔵庫を見てみたら豚の小間肉があったので、こいつで生姜焼きを作成。もくもくと食べる。ドックも終了したので、一ヶ月ぶりにお酒でも飲むか、と思い、近所に住んでいるガールフレンドに「今晩飲みに行こう」とメールしたけれど返事がない。それから領収書を作ったり、請求書を作ったりして、散らかった部屋の中を仕分け作業。作業中はずっと仕分けの実況をラジオ代わりにしていたけれど、真剣には聞いてなかった。戦車の話とか、それはちょっと仕分けには馴染まなくないか?とか思ったけれど、軍服はユニクロ製でもいいんじゃないか?五輪のユニフォームもユニクロだったし、頼めば喜んで作ってくれるだろう、と思った。夕方、BSで竜王戦の中継をやるはずだったのに、森内さんは放送前に投了してしまったそうで、渡辺竜王6連覇。彼は大好きだけれど、インタビューではちょっとイマイチ。なぜかって、「まぁ」を連発するから。これは羽生さんも一緒で、口癖というのは狭いコロニーでは伝染するのかも知れない。一種の方言みたいなものか。さて、夜になったので、夜ご飯はバジルのパスタ。ツィッターをつらつら読んで、適当につぶやきつつ、パスタを食べる。いささか行儀が悪い。19時にはおなか一杯になって、血圧の薬を飲んで、さてどうしよう、と思ったら、さっきのガールフレンドが「メール今見た。もうラーメン食ってビール飲んで帰宅した」とか言っている。ここまで出てきて、焼き鳥食べようってメールしたら、遠いからイヤだって。折衷案で中間地点を提示してみたんだけれど、やっぱり遠くてイヤらしい。縁がなかったな。ということでやることがないので、引き続き部屋の仕分け作業。しかしまぁ、良くもこれだけ混沌とした状態にしてあったものだ。そんな作業をしていたら、何本もスキー購入やら、ワックス購入やらのメールが入ってくる。そろそろシーズンだから、みんなそわそわしているに違いない。うちも売り上げが増えて良い事だ。そうだ、ワックスの事業計画をきちんと立てなくちゃ、ということで、パワポで資料作成。これが今年の勝負のひとつになるかも知れず、ならないかもしれない。さてさて、仕分け、仕分け。神奈川県スキー連盟関係、ライブログ・スキーショップ関連の資料を仕分けて、次はパソコン関連書籍と経理関係の書類と東洋経済のバックナンバーを仕分けよう、と思ったところでメール。「おはようございます」というタイトルで、「って朝メールしたかったのですが、携帯を忘れました」と早速脱力させてくれる書き出しはこの間鹿島槍のそば打ちイベントに来てくれた女性。素晴らしい。最近の若い人たちのセンスは本当にナイス。今日の日記じゃないけれど、昨日気に入ったのは、「先生のご機嫌を斜めにしたところ」というツイドルのつぶやき。これは金が取れると痛く感心した。閑話休題。というか、このエントリー全体が閑話だが、まぁ、細かいことは良い。ということでメールに返事をして、さて、頑張って作業の続きをしなくちゃ、と思ったところで、「あ、今日はブログを書いてないぞ」と思った。いや、実はちょっと長文のエントリーを執筆中なんだけれど、状況が色々変化しているので、まだオープンに出来ない。じゃぁ、何か暇ねたを投稿しなくちゃ、と思ったのだけれど、今日はまともな料理もしてないし、夕陽は雲で見えなかった。しかたねぇなぁ、日記でも書くか、ということで、今ここ。

この記事へのトラックバックURL