2009年12月25日

生まれて初めて自分以外の人間に自分が作ったちゃんとした料理を食べてもらうこと

be83b4d6.jpgタイトル通りだけれど、生まれて初めて、自分が作ったちゃんとした料理を自分以外の人間に食べてもらった。

ちゃんとした、と注釈がついたのは、ネギトロ丼とかじゃないよ、という意味。料理修行を始めて約半年。ここまで来たのは感慨深い。ちなみに食べてもらったのはビーフストロガノフ。カレーとかシチューとかだと、ルウで作っているあたりにちょっと手抜き感がないこともないので、そういった出来合いのものを使わない料理を選択。

実は料理とは関係の無いトラブルのせいで、炊きたての御飯で食べてもらうことができず、またバターライスにする時間もなく、そこの部分でどうしようもないマイナスポイントがあったのだけれど、彼女の評価は☆2つ半。

嬉しかった。

なるほど、料理は、人に食べてもらってなんぼのものだな。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
「いただきます」「ごちそうさま」を言ってくれる相手がいることが、料理が上手になる秘訣かもしれませんね。
久しく食べてもらう料理を作ってないなぁ。
Posted by Jaco at 2009年12月26日 11:19
> 「いただきます」「ごちそうさま」を言ってくれる相手がいることが、料理が上手になる秘訣かもしれませんね。

同意いたします。
Posted by buu* at 2009年12月27日 18:20