2009年12月30日

鶏の鍋

2fd8e541.jpg鍋はもはや料理とは言えないと思うのだけれど、一応料理カテゴリーに入れて置く。

土曜日にやった餃子パーティで残った白菜をどうやって処分するか、というのがそもそもの課題。そこで思いついたのが鍋。いや、3分クッキングの1月号は白菜の特集だったので、この中から選ぶのでも良かったのだけれど、ちょうどガールフレンドと映画を観に行くことになっていたので、そのままうちに来てもらって、二人で鍋を食べることにした。

でも、鍋もやったことがない。どうするのかな、と思ったけれど、まぁ、こんなのは適当で良いんだろう。とりあえず、鍋に水を張って、昆布を入れて出しを取って、あとはもう適当に具を入れて煮るだけ(笑)。やっぱりこれは料理ではない。

で、何を入れたかなんだけれど、動物は鶏肉。あとは白菜とか、舞茸とか、なめことか、大根とか、長ネギとか、豆腐とか。で、お皿に乗っけたら、「こんなに絶対食えないよ」という量だったのだけれど、あら不思議。話をしながら食べていたら、いつの間にか全部食べちゃった。

残った汁は明日雑炊にでも使うかなー、ということで、そのまま冷蔵保存。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50957315